続・マテアスメソッド!自習もしっかり行いレッスンへ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

さて、今回ワンズワード・オンラインで8回目のレッスンを受けてみましたのでその感想を書いていきたいと思います。

 

ワンズワード・オンラインワードの詳細はコチラ

 

 今回も前回に引き続き、Steve先生のレッスンを予約してました。

 

 

 

前回に続いてマテアスメソッドを予約!

 

今回、連続してSteve先生のレッスンを予約した理由は当然、「マテアスメソッド」のためです。前回、出題された宿題を通してどのようにレッスンが行われるのか、2回目のマテアスメソッドのレッスンを受講して確かめていきたいと思います。

 

 

前回のレッスンについてはコチラ

オンライン英会話で自習方法に迷ったらマテアスメソッドがオススメ♪

 

 

前回も解説したマテアスメソッドのレッスン内容をまとめておくと…

  • 講師と一緒に記事(アーティクル)を一緒に読んでいく
  • アーティクルの中で出てきた新出単語について…
    1. 意味を自分の言葉で書いてくる
    2. 新出単語を利用して2つの例文を作成する

という、復習をかねた宿題の提出を次のレッスンに求められるのがマテアスメソッドの特徴です。宿題を出されるレッスンは他のオンライン英会話にはなかなか無いかも…。(1レッスン区切りで考えられることが多いですからね)

 

で、前回私が出題された新出単語が4つ(dawdle,aim,unexpetedly,tackle)と1フレーズ(dive into)。だいたい40分ぐらいかけて宿題を仕上げレッスン準備を完了し、Steve先生とのレッスンまで待機。

 

レッスン5分前に「Hello!」とチャットボックスに連絡をくれるあたり、非常に好感が持てます♪そんなわけでレッスンの開始時間丁度からレッスン開始。

 

 

「Hello!」

 

ちなみに今回のレッスンは土曜日に行ったということもあり、互いの「週末のプラン」について話すことからレッスンスタート。

 

「今週末は雨だから家でゆっくりするかな…」と、アルゼンチン在住のSteve先生は雨があまり好きではないようですね。(ビーチいけませんもんねw)

 

 

そんなたわいもない話をしていたはずが、なぜか気づけば話題は「地球温暖化」や「日本の核エネルギー」「日本の移民政策」についてなど、なんだか少し複雑なトピックへ。

 

話題が話題だけに、かなり詰まりながらも「…で、私は…こう……思います!」となんとか自分の意見を伝え、Steve先生が辛抱強く話しに耳を傾けてくれていることに感謝。

 

 

そして結局、レッスンから30分ぐらいフリートークに時間を費やしたところで、「そろそレッスンに移ろうか!」ということで、マテアスメソッドを開始することに。「宿題はできましたか?」と聞かれたので、テキストファイルに書いておいた文字を、そのままコピペでSkypeのチャットボックスへ。

 

 マテアスメソッドの宿題

 

「それじゃあ一つずつ見ていきましょうか…」と、Steve先生がチェックを開始。単語の意味については全てOKだったけど、例文の方についてはかなり添削されてしまうw

 

「あ!そういやそうだw」みたいなうっかりミス含め、結局全ての文を添削されてしまうことに。でも、「英語の文の添削って大切だな…」と今回のレッスンで感じました。

 

 

英文添削サービスを提供しているオンライン英会話サービスってたまにありますが、正直これまで「必要なの…?」と少し疑問に思っていました。なんてったってオンライン”英会話”ですからね。オンライン英会話を利用する限り、できるだけ英語を話したいというのが私の本音です。

 

ただ、実際にこうやって添削してもらってみると、「意外に細かいところも含めてミスが多い」ということに気づかされます。

 

もちろん、「別にミスがあろうが無かろうが伝わればいい」というのであれば、そこまで大切なことではありませんが、より正確な英語を身につける必要がある人(例えば講師とか…?)にとっては必須のレッスンだと思いました。

 

 

その後、レッスン時間が少し余っていたので、途中で終わっていた前回のアーティクルを読みすすめていくことに。

 

article

20 Ways to Make This Week the Most Productive Yet

 

内容は「どうやって仕事での生産性を高めるか」について20種類の方法が紹介されているのですが、Steve先生とのマテアスメソッドでは2~3つの見出しを読んでは、内容について「どう思うか」意見を聞かれ、また読み進めて…と言う感じです。

 

 

結局、10分そこそこしか時間が余っていなかったので、またしても最後まで終らせることはできず。私の場合はSteve先生とのフリートークが面白いので「フリートークの時間が長引いて、こっちに割く時間が無くても別にいいか」という意識でレッスンを行っていますが、レッスンに集中したいのであれば生徒側から最初からレッスンを行いたいと伝えればOKです。

 

 

アーティクル(記事)が進めば進むほど、宿題の量も必然的に増えますし、自習に割かなければいけない時間は自然と増えるでしょうが、「もっと勉強したい!」という方にとっては望むところだと思いますので。

 

 

 

今回のレッスンの感想

 

マテアスメソッドで添削してもらって、「やっぱりたまには添削サービスも受けたほうがいいかな」と思いましたね。好き放題話しているだけでは、なかなか英文の精度も上がらないと思いますし。

 

そういった意味で、マテアスメソッドは記事の内容について「ディスカッション」も行える、「自分の作った英文についても同時に添削してもらえる」というわけで、いろんなスキルを鍛えられるため、非常にバランスのいいレッスンではないかと思います。

 

普段、オンライン英会話の講師から「3単元のSに気をつけて…」「a や the といった冠詞の使い方が…」という、「意味は確かに分かるんだけど文法の細かいミスを指摘される」という方は、一度マテアスメソッドを受けてみて英文を添削してもらってはいかがでしょうか。

 

ちなみにですが、ワンズワード・オンラインには「無料の英文添削サービス」も存在します。

 

英文添削

 

ただ、無料ということもあって「1人につき1日2文まで!」などの制限もありますので、「大量の英文を添削してもらいたい!」という方には向かないかもしれませんが、メインの英会話に対する”サブ”的学習方法として、このような英文添削サービスを利用していくのも効果的かと思います。

 

それこそ「朝の通勤時間に!」というような隙間時間を利用して英文を添削してもらうという方法も考えられますしね。(ちなみに添削対応時間はAM6:00~AM9:00 PM7:00~PM11:00 と限定されています)

 

 

 

 さて、今回は2回連続でマテアスメソッドを受講してみましたが、それにしてもSteve先生には相変わらず素晴らしいレッスンをしてもらえました。

 

今回のレッスン前半でもフリートークをしていて特に感じるのが「話題が豊富」なので、話しをしていて飽きません。もしも思いっきり「ディスカッションをしたい!」というような方は一度Steve先生のレッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

 

先生は考古学者としても活動されていることもあってか、非常にユニークなアイデアをもっていたりするので、ディスカッションをしていても「そういうアイデアもあるのか!」と、ハッとさせられることもある…かもですので。

 

ワンズワード・オンラインの詳細はコチラ

 

 

では今回のレッスンは以上です。失礼します(*_ _)ペコリ

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ