レアジョブでWebカメラが義務化されていないデメリットとは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

オンライン英会話のレアジョブでは講師のWebカメラ使用が義務化されていないためか、カメラなしでレッスンを行なう講師も多く存在します。

 

他のオンライン英会話では義務化されているためか、Webカメラを使用してレッスンを行なっている講師も多いのですが…。このため、他のオンライン英会話からレアジョブに移ってきて、何の説明もなしに講師がWebカメラを使っていないと「失礼な講師だ!」と思ってしまうかもしれませんね。これまでWebカメラを使用してレッスンを行なってきた方の場合、「互いに顔を映してレッスンを行なうべき」と考えていると思いますので。

 

 

ただ、Webカメラが無いレッスンで何か不便なことはあるのでしょうか。実際に私が1ヶ月間レアジョブでレッスンを体験し、感じたことは「レッスンに盛り上がりが欠ける」といったところでしょうか。やっぱり、お互いに顔が見えていたほうが相手に感情が伝わり易いと思いますので。

 

また、英会話に慣れていない方の場合、どうしても英語だけで伝えられない場合は「ジェスチャー」など、言葉以外の方法で相手に意思を伝えたいときもあるかと思います。そういった意味で、Webカメラなしの相手に姿が見えないレッスンは難易度的にも上がるのかなと思います。

 

 

ただ、逆にWebカメラなしで助かることもあります。寝起きで髪がボサボサした状態でレッスンを受けてもなんともないですし、こちらの顔が見えないということでリラックスしてレッスンが受けられると感じたこともありました。(こっちで何をしていても、相手には分かりませんからねw)

 

ちなみに、Webカメラなしでレッスンを行なうと講師側も何をしていても生徒にばれないため、「レッスン中にネットサーフィンしたり他の作業をしてレッスンに集中していない講師がいる!」という指摘もあります。

 

確かにカメラなしでのレッスンではそういう弊害(傾向)があるのかもしれませんが、私の経験からいうと、カメラがあろうと無かろうとサボる講師はサボると感じています。なので、講師の質うんぬんは決してWebカメラだけでは語れない部分があると感じています。

 

【要注意!】オンライン英会話で講師の質が違う理由!?

 

 

ちなみにそのようなオンライン英会話の講師の質に関しては上のページにて詳しく解説していますので、興味のある方はご確認頂ければと思います。

 

こんな感じで、Webカメラを使用するか・しないかではそれぞれメリット・デメリットがありますが英会話に慣れていない方にはデメリットの方が大きいかな…と感じます。女性にとっては「メイクなしでレッスンしても気にならない!」など、人によってはメリットの方が大きいのかもしれませんが…。

 

「レアジョブでWebカメラなしのレッスンってどう??」と気になっている方の参考になれば幸いです(*_ _)ペコリ

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ