オンライン英会話でボキャブラリーの習得がダメな理由!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

オンライン英会話をボキャブラリーを学ぶために利用するのはおススメではありません。その理由はオンライン英会話の目的がインプットすることではなくアウトプットを行うためのものだからです。

 

このオンライン英会話の使い方を間違ってしまっては、非効率な英会話学習となってしまい、結果的に英会話の上達速度も落ちてしまうかもしれませんので注意してください。

 

 

 

オンライン英会話でインプットがダメな理由?

 

先ず、新しい英単語を学ぶといった自分のボキャブラリーを増やすためのトレーニングは別にオンライン英会話でなくても行えます。このような一人で行えることをオンライン英会話の時間を利用して行うのは非常に非効率的です。

 

さらにオンライン英会話の1レッスンは25分とかなり短く、この時間の間にインプットできる量なんてたかが知れています。なので、この25分という貴重な時間はせめて英語を話すというアウトプットに集中すべきです。

 

 

そもそも、日本人が義務教育で英語を学んでいるにも関わらず英語が話せないのはこの英語を話すというアウトプットが欠けているからといわれてます。英語もスポーツも同じで単純に知っているだけでは意味がありません。その知っている知識(技術)を実際に使って練習してみる(反復練習する)ことで、初めて知っているだけの知識が実戦で使えるものになるのです。

 

 

英会話でいう練習というのは当然「英語を話してみる」ということです。そして英語を話すためにオンライン英会話は最高のサービスなのにも関わらず、そこで英語を話さずにインプット作業をしていては「もったいない!」ということですね。

 

 

もちろん、オンライン英会話で英語を話しているうちに自然と単語を学べ、結果的にボキャブラリーが増えたというのであれば別に構いませんが、ボキャブラリーを増やすためにオンライン英会話を利用するのは間違いです。そのようなインプット作業はぜひプライベートの時間(忙しい人は隙間時間など)を有効活用して、学んでいただければと思います。

 

 

 

反復練習を行うのにおススメのレッスンって!?

 

ちなみに先ほど反復練習という言葉が出てきましたが、オンライン英会話での反復練習といえばやはりカランメソッドがイメージ的にはピッタリでしょうか。

 

4倍早く英語を習得!カランメソッドって一体なに!?

 

 

 カランメソッドというレッスンを簡単に説明すると、講師が質問⇒生徒が答える という作業を速いスピードで行い、英語の処理速度(英語脳)を鍛えるトレーニングになります。(カランメソッドの詳細は上のページにてご確認ください)

 

正に反復練習という言葉がピッタリな英会話レッスンですが、このようなレッスンはまだ英会話に慣れてなく、講師の質問に対して素早く返答できず、ついつい「えーっと…」と英文を頭の中で作成するのにどうしても時間がかかってしまう方におススメの英会話レッスンになります。

 

 

オンライン英会話ではフリートークを行っている方も多いと思いますが、フリートークは基本的にすでにある程度、英会話が出来る中級者向きのレッスンのため英会話にまだ慣れていない方が行っても効果は低いです。

 

フリートークは先ほどのスポーツに例えるなら練習試合のようなもの。しかし、たとえ練習試合といっても実戦形式のため、反復練習を行っておらず、英会話のための基本的なスキルが身についていない方が行うべきレッスンではないといえるでしょう。

 

 

 

終わりに

 

少し話がそれてしまいましたが、オンライン英会話では基本的にボキャブラリーの習得よりも英語を話すということに焦点をおいていただければと思います。ボキャブラリーの習得なら、単語帳を買ってきて暗記するなり、簡単な英語の本を購入してきて読んだりすれば増えるでしょうし、それなら一人でもできることです。

 

オンライン英会話の使い方の参考になれば幸いです(*_ _)ペコリ

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ