DMM英会話のトラベルレッスンを受けてみた感想は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回、DMM英会話の「トラベル」レッスンを受けてみたのでその感想について書いていきたいと思います。

 

トラベル

 

DMM英会話ではご覧の通り「フライト」「空港」「交通機関」「ホテル」「緊急事態」「観光」「帰国」と7つのシチュエーション別のトラベル英会話テキストが用意されています。

 

海外に旅行に行く際にはどれも非常に重要な内容となっているため、ぜひ一通りレッスンを…と言いたいところですが、このようなテキスト内容を全て覚えるのはあまり現実的ではありませんし、何よりてんぱっているときなんてろくに英語なんてはなせなくなります。

 

何より、海外に行った人の体験談で「なんだかんだ英語が話せなくても伝わった!」という話しをテレビかどこかで一度か二度は聞いたことがあると思いますが、実際に私もそのように感じています。

 

なので「別にトラベル英会話なんてやらずに海外に行きたきゃいけばいい!」のですがもしも彼女(彼氏)、奥さん(夫)が横にいるときにスムーズに英語で手続きができたりしたらかっこいいですしねw

 

まあ、トラベル英会話はそんなものなのかなと思っています…。

 

 

DMM英会話でトラベル英会話

 

とはいったものの。「これは重要だな…」と思ったのが「緊急事態」のレッスンです。実際に、海外にいってトラブルに巻き込まれる可能性はゼロではなく、むしろ「なんらかのトラブルには巻き込まれる前提」でいた方がいいですので、海外に行くのならそういった緊急事態ようの英語ぐらいは身につけてから行く方がいいと思います。

 

というわけで今回はこの緊急事態のテキストの一つである「Police Department」を使ってみたわけですが、内容がかなり「スカスカ」な感じ…w

 

最初に数個「交番」に関わる表現を学び、後は簡単な会話文を講師と別れて読み進めるといった感じです。

 

ここまでDMM英会話を続けてきて分かったことの一つは「テキストがいまいち」と、感じることが多いということ。具体的にいうと、「内容が薄い」(5分で一つのレッスンが終わってしまったり…)、「イラストが全然入っていない」といったもの。

 

まあ、オンライン英会話の一番の目的は「英語を話す」ことなので、別にテキストについてそこまでこだわる必要もないのかもしれませんが…

 

 

ただ、今回のトラベル英会話の「緊急事態」テキストに関しては、明らかに内容が十分じゃないな…と感じずにはいられませんでした。(さすがにこのテキストを全てやり終えて「これで完璧!」と思う人も少ないとは思いますが…)

 

 

DMM英会話のトラベルレッスンを受けてみた感想

 

今回のDMM英会話のトラベルレッスンを受けてみた感想ですが、先程も書いたとおり、あまり十分な内容とはいえませんが、「まあ、気分転換ぐらいにはなるのかな…」といった感じですね。

 

というか、トラベルレッスンをメインの教材として使用している人がどれだけいるのか…?と疑問に思わずはいられませんが…。

 

DMM英会話のトラベルレッスンの感想は以上になります。

では今回はこれで失礼します(*_ _)ペコリ

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ