Bizmatesで英語の電話対応レッスンを1ヶ月受けてみた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

さて、この度BizmatesでOther programsの電話対応レッスンを1ヶ月受けてみましたが、こちらのページではこれまで受けてきたレッスンのまとめ感想を書いていきたいと思います。

 

Bizmates

ビズメイツの無料体験レッスンを受講する!

 

 

 

ちなみにBizmatesの基本的なことについてまだご存じない方は下のページでまとめてご紹介していますので、よければ参考にして頂ければ幸いです。

 

オンライン英会話のBizmatesに登録!そのレッスン内容とは?

 

 

また、BizmatesのOther programsの電話対応レッスンに関する感想ではなく、Bizmatesのメインプログラムである、Bizmates programについての感想は下のページで書いていますので、興味のある方はぜひそちらもお読みください。

 

1ヶ月レッスンを受けたBizmatesの感想&評価は!?

 

 

Bizmatesの電話対応レッスンをおススメできる人

 

ではいきなりですが、今回1ヶ月レッスンを受けてみて感じたBizmatesの電話対応レッスンがおススメの人について書いていきたいと思います。

 

これはズバリ「電話対応のスペシャリストになりたい人」といえるでしょう。ただ、自分で書いておいてなんですが、この表現だけではあまりに抽象的過ぎてどういうことかよく分からないと思いますのでもう少し詳しく。

 

 

そもそもあなたがオンライン英会話で電話対応レッスンを受けたいと思った理由はなんでしょうか?当然答えは一つではありませんが…

 

  • 会社に英語での問い合わせ電話がかかってきて、自分の英語レベルにがっかりしたから
  • 会社で電話対応が必要な部署に配属になったから
  • 外資系の会社に就職したので、英語で電話対応をする必要があるから

 

 

といった理由が多いのではないでしょうか。まあ、ほぼ100%の人が仕事関連の理由だとは思いますが、上記のような理由でも、Bizmatesの電話対応レッスンがおススメできる人とおススメできない人がいます。

 

どこでそんな違いが生まれるのでしょうか。その答えは電話対応しなければいけない内容にあります。

 

 

例えばですが、あなたが会社で電話対応しなければいけないとしても、その対応しなければいけない内容が「電話を誰かに取り次ぐだけ」というような場合。

 

こういったケースの人の場合、いわゆる”定型文”さえ覚えておけば対応できるはずです。例えば…

 

 

 

あなた:Thank you for calling 〇〇(あなたの会社名). May I help you?

相手:Hello, this is 〇〇(相手の名前) from 〇〇(相手の会社名). May I speak with Mr.〇〇(取り次ぎ相手) please

あなた:Yes, please wait a moment

 

 

 

という電話の取次ぎが電話対応内容のほぼ100%を占める場合。こんな時はこの内容をそのままそっくり覚えておけばいいのですから、この内容をそのまま紙にでも書いておけば十分です。

 

別に電話の取次ぎだけに限りませんが、英語で電話対応しなければいけない内容が固定されているのであれば、その内容をそのままメモでもしておけば問題ありません。

 

 

ですが、もしあなたが電話で英語対応しなければならない内容が…

 

  • 電話を受ける側だけでなく、電話を掛ける側にもなることがある
  • 取り次ぎ相手がいない時にメッセージを受ける(もしくは伝える)必要がある
  • 電話越しに道を伝えたり、指示を与えなければならない
  • クレーム対応もしなければならない
  • アポ取りなどもおこなわなければならない

 

 

といった広範囲に及ぶ場合、当然ながら日常会話レベルの英語レベルに加えて、シチュエーション毎に適切なビジネス英会話で使われる表現(フレーズ)や対応のコツといったものを抑えておく必要があります。

 

また、電話での対応内容が広範囲に及ぶ場合、それぞれのシチュエーションを想定して実戦経験を積んでおくべきでしょう。一つのシチュエーションだけに対応しておけばいいケースと違い、状況に合わせて柔軟に対応を変える必要があるからです。

 

 

そして、Bizmatesの電話対応レッスンでは…

 

  • シチュエーション毎に適切な表現を教えてもらえるテキストブックとしての効果
  • 覚えた表現を実際に使う場が与えられる実戦の場(Actパートでのロールプレイ)

 

という二つの効果が同時に得られるため、より効率的かつ短期間で英語での電話対応がマスターできるような仕組みになっています。

 

 

このことから、単純に「暗記したフレーズだけを使っておけばいい」ような立場の人ではなく、「どんな内容の電話に対応しなければならないか定かではなく、様々なシチュエーションに対応できなければならない英語電話対応のスペシャリスト」になる必要のある人におススメのカリキュラムだといえるでしょう。

 

 

Bizmatesの電話対応レッスンがおススメでない人とは?

 

では逆に、Bizmatesの電話対応レッスンがおススメでない人とはどのような人なのでしょうか。

 

それは先ほどもお伝えした通り”定型的なフレーズを使っているだけで電話対応が事足りてしまう人”ももちろんですが、それに加えて基礎的な英会話力が身についていない人にもおススメできません。

 

 

この”基礎的な英会話力ですが、先ず基礎的な英会話力を身に着けるためには基礎的な文法の習得が必要不可欠です。

 

オンライン英会話でなかなか英会話が上達する人としない人の違いは?

 

 

 上のページでもご紹介していますが、英会話力を効率的に向上させるには最低、中学2年レベルの文法を身に着けてからオンライン英会話なり英会話学校なりの英会話サービスを利用することをおススメします。

 

そして、この中学レベルの英文法を身に着けてからある程度英会話経験を積み、基礎的な英会話(少なくともオンライン英会話のフリートークで25分の日常会話を続けられるぐらい)ができるぐらいになってからBizmatesの電話対応レッスンを始めることをおススメします。でないと、少しハードルが高いと思いますので。

 

 

とはいうものの、このBizmatesのOther programsの電話対応レッスンはBizmatesのメインプログラムであるBizmates programよりも難易度は多少落ちると思います。(もちろん、どのレベルからのスタートなのかにもよりますが)

 

なので、英会話経験がそこまでない人でも電話対応レッスンに関しては努力次第では受講可能かもしれませんのでまず気になったのならBizmatesの無料体験レッスンを受けてもらえればと思います。

 

Bizmatesの無料体験レッスンの結果をもとにレベル分けが行われますが、そこでLevel2やLevel3と判定されたなら問題ないと思います。(もし「難しい」と感じるなら急がば回れです。こちらのページで紹介しているようなレッスンを受けてからの方がより効率的に英語の電話対応スキルが身につくと思われます)

 

 

ただ、どちらにせよまだ「中学レベルの英文法さえあやふや…」という人にはそもそもオンライン英会話はあまりお勧めできませんので、まだこの段階の人はまず英文法を身に着けてから再度チャレンジして頂ければと思います。

 

 

Bizmatesで電話対応マスターになろう!

 

さて、ここまでBizmatesの電話対応レッスンが誰におススメで、誰におススメでないのかご紹介してきましたが、こちらのページで「おススメの人」にあたる人にはぜひBizmatesでしっかりレッスンを積んで電話対応マスターになって頂ければと思います。

 

 

英語での電話対応に慣れていないと「電話をとって英語で話しかけられた瞬間、頭が真っ白になる…」なんてことが普通だと思います。

 

一回そういう経験をすると電話が鳴った瞬間、「(相手が)外国人だったらどうしよう…」と急に不安になり、その後も電話が鳴るたびに憂鬱な気分にさせられるはずです。

 

 

そんな状態は英語での電話対応に不安があるからこそ生まれるわけで、もし英語での電話対応がBizmatesで一通りできるようになれば、そんな状態からは解放されます。

 

今回1ヶ月体験して分かったことですが、すでに多少なりとも英会話経験がある人なら毎日レッスンを受けると仮定すれば1ヶ月ほど(1日50分レッスンプランなら半月)で終わる内容です。たったこれだけの期間で、英語における電話対応の苦痛を軽減できると思えば楽なものだと思いませんか?

 

ぜひこの機会を活かし、Bizmatesの電話対応レッスンで「私は英語で電話対応ができる!」と胸を張って言えるようになってもらえればと思います。

 

 

ビズメイツの無料体験レッスンを受講する!

 

 

 

電話対応レッスンまとめ(2017年)

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ