契約更新の電話のかけ方!-Bizmatesで英語対応レッスン18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

さて、今回でBizmatesのOhter programsの電話対応レッスン18回目になりますが、今回は「契約更新依頼」を電話で行う方法を学ぶのレッスンです。

 

Bizmates

 

 

ちなみにBizmatesについてまだ詳しく知らない人は下のページで基本的なこと(レッスンの流れ含む)をご紹介していますので、ぜひご確認いただければと思います。

 

オンライン英会話のBizmatesに登録!そのレッスン内容とは?

 

 

 

Asking for a subscription renewal

 

今回のレッスン予約をとったのはNory先生です。予約通りの時間にSkypeコールがかかってきて早速レッスン開始。

 

さて、今回のレッスンタイトルはAsking for a subscription renewalということで、電話でお客様に契約を更新してもらうときの方法を英語で学びますが、レッスン内で大切とされているポイント(Biz tips)は下記の通りです。

 

  • 先ず5分間時間をとってもらえるか尋ねる
  • 契約更新がどれだけ簡単か説明する
  • もしあれば特別オファーを提示する

 

 

今回のSeeパートもいつも通りいい例文と悪い例文が存在するのですが、悪い例文ではKenがお客さんに対して「あなたのポケットWifiの契約更新についてお電話させていただいたのですが…」と電話を掛けたものの「いまは忙しいんだ」と言われたのに対し、何も言わずに「OK, sure」といったところで会話が終了しています。

 

逆にいい例文ではKenがまず最初に I’m calling to confirm if you’ve received a notice about your Pocket Wi-Fi subscription?と契約更新に関するお知らせが届いているか確認したあと、 Do you have just 5 minutes?とお客さんに確認しています。

 

 

そして次に、契約更新は電話越しにできること、そしてWe are offering a 10% discount upon renewing your subscriptionと、契約更新で10%OFFになることを伝えたところでSeeパートが終了しています。

 

次にTryパートでは「どんなサービスをすぐに更新しそうですか?」「契約更新のためにどんな関連情報が必要でしょうか?」といった質問に答え、Actパートでは「お客さんに契約更新の電話を掛ける」というシチュエーションのもとロールプレイを行いました。

 

 

わたしは実際に仕事で契約更新をしてもらうための電話をすることがあるので、そのシチュエーションをもとにロールプレイをすることに。普段、日本語で言えていることが英語だとなかなか相手にうまく伝わらないのはやはりかなりもどかしさを感じるものですね…。

 

とはいうものの、なんとかBizmatesのSeeパートを参考にしながらロールプレイをおえたところで今回のレッスンは終了です。

 

 

今回のレッスンの感想

 

恐らくですが、仕事において英語で電話対応をしなければならない人と言えども「契約を更新してもらうため」に英語で電話をかけなければいけない人は滅多にいないと思います。

 

なので、今回のレッスンで学ぶ内容を実際に仕事で活かせる機会はなかなか訪れないかもしれませんが、細かい状況は違うものの「仕事の電話対応」ということで、これまでのBizmatesの電話対応レッスンで学んだフレーズを使うことはよくあります。

 

 

なので、「電話対応」という意味ではいい練習になったのかなと思います。ただ、もし英語で契約の更新をお客さんに促さなければならないような場合は、今回のレッスンは非常に有益なはずです、たぶん…。(実際に英語でそんなことをしたことないので、なんとも言えませんねw)

 

ちなみに今回予約したNory先生は若くて快活、さらにとても好奇心にあふれた先生、といった印象をもちました。レッスン冒頭でこれまでの私の経歴についていろいろと突っ込んだ質問もされましたので。(もちろん、いやな印象は全然もちませんでした)

 

また、Nory先生は標高何千メートルにもなる山の中で生活しているようで、私がレッスンしたときはファーのついたジャケットを着ていました。「山の中は寒いので…」だそうです。

 

 

普段レッスンを受けているフィリピン人の先生は基本薄着ですのでなんだか新鮮でしたねw

 

というわけで今回のレッスン感想は以上です!次回も引き続きBizmates電話対応レッスンを受けていきたいと思います。

 

 

電話対応レッスンまとめ(2017年)

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ