オンライン英会話でTOEICなどの資格対策は要注意!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンライン英会話で資格対策を行うときの注意点とは?

 

 

英語関連の資格といえば…

 

  • TOEIC(SW)
  • TOEFL
  • IELTS
  • 英検

 

あたりが有名どころではないかと思いますが、これらの資格に対してオンライン英会話では特別に対策コースを用意しているところもあるため、オンライン英会話でテスト対策を行うことも可能です。

 

では、どのようなオンライン英会話が資格のテスト対策を行うのにおススメなのでしょうか。具体的にご紹介する前に、オンライン英会話で資格対策を行うときの注意点について解説したいと思います。

 

 

 

全ての資格対策がおススメとは限らない?

 

オンライン英会話の資格対策コースの中には「これって本当に意味ある?」と疑問に思ってしまうような対策コースも存在します。

 

例えばオンライン英会話の多くではTOEIC対策のレッスンが受講可能ですが、最近出てきたSW(スピーキング、ライティング)試験でもない限り、TOEIC対策をオンライン英会話で行うのはちょっと意味無いかなと思います。

 

オンライン英会話でTOEIC対策は非効率!?TOEIC教材の感想

 

 

上のページは私が実際にレアジョブのTOEIC対策の教材を利用してレッスンを受けた時の体験談を書いたページになりますが、リーディングやリスニングパートをオンライン英会話で講師と行うメリットはほとんど無いと感じました。

 

一人で自分のペースで進めていったほうが絶対に効率的ですからね。もちろん、分からないところを講師に聞くことはできるかもしれませんが、指導力の低い講師の場合、いまいち納得のいく回答は得られませんし、なにより英語で回答を理解できるだけの英会話力も必要となりますので。(それだけの英会話力を持っている方なら講師に聞く必要もないのでは?と思います)

 

 

なので、「どんな資格対策でもオンライン英会話でやればいい!」というわけではありませんし、何より「オンライン英会話だけで資格対策を行う」というのも無理な話です。オンライン英会話は学んだこと(準備してきたこと)を実践する(アウトプットする)場なので。

 

つまり、オンライン英会話を利用する場合、「オンライン英会話でアウトプットするための情報をオンライン英会話以外の時間でどれだけインプットできるか」が重要になります。オンライン英会話で試験対策を行う方の場合、ここを理解しているのとしていないのでは、オンライン英会話をどれだけ効果的に活用できるか、大きな差が出てきます。(自ずと試験結果も変わってくるでしょう)

 

 

オンライン英会話で資格対策におススメなのは?

 

ではオンライン英会話の中でも資格対策におススメなのはどこでしょうか。おススメなのはこちら

 

ベストティーチャー

ベストティーチャー(Best Teacher)

 

 こちらはBest Teacherと呼ばれるオンライン英会話になりますが、TOEFL iBT対策コースIELTS対策コースTOEIC SW対策コース英検1級&準1級対策コースなど、日本で主要とされている英語の資格対策コースが軒並み用意されています。

 

ただ、Best Teacherが資格対策コースとしておススメの理由はこれだけではありません。

 

 

定額でレッスン受け放題!

 

Best Teacherは定額でその月のレッスンが受け放題になります。このため、短期集中で行うような資格対策にはもってこいのオンライン英会話です。

 

当然、資格対策の準備期間というのはそれぞれの英語力次第で大きく変わってくるでしょうが、準備期間がどれだけあるにしろ、最後の数ヶ月間は集中的に試験対策をすることで試験の合格率も大きく上がります。

 

月額でレッスン受け放題のBest Teacherはそんな最後の数ヶ月間、集中的に総仕上げを行うのにもってこいのオンライン英会話といえます。

 

 

スピーキングだけでなくライティング対策も!

 

Best Teacherが他のオンライン英会話と最も違うのが、レッスンがライティングレッスン⇒Skypeレッスンと進むため、4技能のうちライティングとスピーキングの両方を同時に鍛えられるという点です。

 

 

 上の動画はBest Teacherの通常レッスンの一連の流れを解説した動画になります。(資格対策コースは通常レッスンとは違う流れになるかもしれません。ちなみに私の無料体験レッスン記事はこちら⇒Best Teacherの体験レッスン受講!)

 

IELTSやTOEFL iBT、英検にはライティングテストもあるため単純にスピーキング力を磨けばいいという話ではありません。しかし、Best Teacherならこのライティングとスピーキングという、日本人にとってある意味もっとも縁遠い2つの英語スキルを同時に磨くことが出来ます。

 

これは他のオンライン英会話には無い、Best Teacherで資格対策を行う大きなメリットの一つといえます。

 

 

講師の質が高い!

 

DMM英会話やレアジョブなど、人気の格安のオンライン英会話の特徴はレッスン料金を安く抑えられることですが、その反面「レベルの低い講師も在籍している」というデメリットも存在します。

 

【要注意!】オンライン英会話で講師の質が違う理由!?

 

 

 上のページではそんな講師の質が高いスクール、低いスクールについて詳しく解説していますが、格安オンライン英会話の場合、講師に学生などの明らかに講師として経験不足な人もいます。(その代わりにレッスン料金を抑えられるメリットがありますが…)

 

 

しかし、IELTSやTOEIC SW、英検といった資格対策を行うとき、講師には(特に)高い指導力を求められます。IELTSやTOEFLといった試験は、アカデミックで難解な表現が使われていたりするので、そのような問題について生徒に分かりやすく伝えるには英語に対する高い理解度、指導力が必要です。

 

講師として経験不足だったとしても、例えばフリートーク(好きな話題について25分話す)や簡単な文法・発音について学ぶ教材を利用したレッスンなら勤まるかもしれませんが、上記の資格のようなより高度なレベルの内容を指導してもらうための講師としては正直あまり適切とは思えません

 

 

その一方Best Teacherの講師はフィリピン人含め、アメリカ、カナダ、イギリスなどのネイティブスピーカーも在籍しているので、それぞれの国の”訛り”について学ぶこともできますし、TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)やTEFL(Teaching English as Foreingn Language)という、英語を母国語としない人たちに英語を教えるための資格を取得している講師も多数在籍しています。

 

このため、確かに料金的には格安オンライン英会話と比べて高くなるものの、短期間で質の高いレッスンを受け、効率的に資格対策を行うならBest Teacherの方がより適切なオンライン英会話といえます。

 

 

24時間レッスン受講可能!

 

また、Best Teacherは24時間OPENのオンライン英会話なので、自分の好きな時間にレッスンを受講することが可能です。(Skypeレッスンは開始20分前より予約可能)

 

 

このため、ビジネスマン、主婦、学生など、どんなタイプの人でも「それぞれの都合のいい時間にレッスンが受けられる!」ため、非常に使い勝手のいいオンライン英会話なのがBest Teacherです。

 

 

資格対策ならBest Teacherへ!

 

ここまでBest TeacherがIELTS・TOEFL・英検・TOEIC SWといった英語の資格対策におススメのオンライン英会話である理由を解説してきましたが、ここで一度まとめますと…

 

  • 定額でレッスン受け放題!なので短期集中で資格対策が可能!
  • スピーキングとライティングを同時に学べる唯一のオンライン英会話!
  • 指導力の高い、世界各国の講師とレッスンが受けられる!
  • 24時間レッスン開講!生活スタイルに関係なく好きな時間にレッスン受講可能!

 

このようにBest Teacherは資格対策を行うのに最も適したオンライン英会話の一つといっていいでしょう。

 

 

通常、海外の語学学校に通ったり日本の通学型の英会話スクールに通ってTOEFLやIELTSの資格対策を行おうと思うと、それこそ数ヶ月で30万~60万という費用がかかってしまいます。

 

そんな中、Best Teacherなら数ヶ月 数万円で済んでしまうのですから、もはや利用しないのは勿体無いと言っても過言ではありません。

 

 

インターネットの普及によって利用できる最先端の英語学習サービスであるBest Techerで、安く&効率的に資格対策を行い資格試験に合格していただければと思います。

 

Best Teacherで無料体験レッスンを受けるならこちら!

Best Teacher

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ