海外出張前のメール対応!-Bizmatesで英語レッスン1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

さて、前日まで受けていたBizmatesのOther programsの「電話対応レッスン」に引き続き、今回からは以前から興味があったものの、なんだかんだいって受けられていなかったBizmatesのOther programsの「海外出張」レッスンを受けていきたいと思います。

 

というのも友人の一人が最近転職し、「海外出張にい行かなければいけないんだけど、おススメのオンライン英会話なんかある?」と聞かれたので、「そういえばBizmatesにも海外出張レッスンってあったよな」と思い出し、急きょ受けてみることに。

 

Bizmates

 

ただ、その友人の英会話レベルはほぼ初心者といって過言ではありませんので、当サイトで初心者にもおススメとして紹介しているイングリッシュベルの方を勧めておきましたが。

 

 

ちなみにBizmatesの基本的なことについては下のページで詳しく説明していますので、まだBizmatesのことをよく知らない方はぜひご確認いただければと思います。

 

オンライン英会話のBizmatesに登録!そのレッスン内容とは!?

 

これから受けていくBizmatesの海外出張レッスンも基本的には上のページでご説明しているようなテキストの流れ(Seeパート、Tryパート、Actパート)と同じになりますので。

 

 

Responding to an inquiry

 

今回予約した先生はEra先生です。予約した時間通りに電話がかかってきて早速レッスン開始。

 

 

さて、テーマは「海外出張」なのですが、初回レッスンは「お問合せへの対応」ということで、メールで来た問い合わせに対しての対応方法を学ぶ回です。

 

海外出張といっても、先ずは海外に顧客(or 潜在顧客)がいなければ出張にもいけませんからね。(新規開拓なら話は別ですが)

 

 

今回のレッスンで学ぶ内容ですが、海外から自社で取り扱っている商品に関してや会社そのものについての問い合わせが来た時に…

 

  • 先ずは自分の会社に関する正しい情報を相手に伝えること
  • 追加して伝えるべき関連情報をしっかりと記載すること
  • 質問内容にしっかりと答えること

 

をしっかり意識することが大切というように紹介されています。

 

 では早速レッスン内容を見ていきたいと思います。Bizmatesのレッスンは基本的にSeeパート(例文)、Tryパート(質問)、Actパート(ロールプレイ)に分かれています。

 

 

今回のSeeパートでは海外からの問い合わせへの対応例として悪い例文といい例文が紹介されていますが、悪い例文では、海外から問い合わせを受けたRyoが、We are a small-medium sized semiconductor manufacturer here in Japan. You may visit our website to view our products further.と、簡素な返答をしてメールを終えています。

 

そして次にいい例文では、先ほどのように自社がどのような会社なのか説明したあと、During our 30 plus years in the industry, we have supplied our products to a long list of satisfied clients in various industries including yours.と、自社の関連情報についてもしっかり言及。

 

さらに I have attached our brochure to give you an overview of our products.と、チラシのデータを添付したことも告げ、しっかりビジネスマナーに沿った締め方をしたところでメールも終了、ここでSeeパート終了です。

 

 

そしてその後、Tryパートでは「今の仕事でどんな人から英語でのメールを受け取りますか?」「彼らはいつもどんなことを訪ねてきますか?」といった質問に答え、Actパートでは「現在の仕事をベースに顧客からのお問合せに答える」というロールプレイを行いました。

 

ちなみにこのActパートはSkypeのチャットボックスを使って実際に書いてもいいし、直接話してもいいと言われたので、口頭で述べました。

 

 

 今回のレッスンの感想

 

海外出張といっても最初のステップである、「海外からのメールでの問い合わせに対する対応」の練習でしたが、より詳しく英文メールでの対応を学びたい人は、Bizmatesには専門のコース(eメールライティング)がありますので、そちらの受講をおススメします。

 

海外出張なのに、最初のレッスンがeメールに対する問い合わせ対応という内容でガッカリする人もいるかもしれませんが、次回からはいよいよ本格的な海外出張レッスンが始まりますので、ぜひ次回レッスンの記事も読んでいただければと思います。

 

 

ちなみに今回の予約をとったEra先生は英語スキル、発音ともにほぼネイティブといってもいいのではないかと思うほどレベルの高い先生でした。

 

こういった先生のレッスンを受けると改めてBizmatesの先生のレベルの高さを実感させられますね。では今回は以上です。次回も引き続きBizmatesの海外出張レッスンを受講していきたいと思います。

 

 

Bizmatesの海外出張レッスン体験談一覧!

 

ちなみにBizmatesの海外出張レッスン(20回)を受けた感想のまとめは「海外出張レッスンの感想まとめ-レッスン20」にて書いています。

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ