ワンズワード・オンラインの体験レッスン受講!評価は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回、オンライン英会話スクールのワンズワード・オンラインの無料体験レッスンを受講してみましたのでその感想を書いてみたいと思います。

 

WS000000

 

1レッスンの時間 50分
レッスン可能回数 4回(+1)/月
授業料/月

9,800円/月 6,800円/月(現在キャンペーン中)

追加レッスンチケット:1.100円/枚(3枚~購入可)

教材費 一部テキストは有料
レッスンの受付時間 24時間受講可能○
レッスン形態 マンツーマン(無料のグループレッスンも開講)
体験レッスン回数 2回/980円(現在キャンペーン中により1回の体験レッスンを無料で受けられる)
講師の国籍 カナダ人、アメリカ人、フィリピン人など
講師の人数 20人以上
日本人サポートの有無 メールのみ
予約可能時間レッスン 開始12時間前まで
キャンセル可能時間 レッスン開始1時間前まで

 

ワンズワード・オンラインの無料体験レッスンを受ける!

ワンズワード・オンライン

 

 

 

 

ワンズワード・オンラインの特徴って?

 

体験してみて気づいた、ワンズワード・オンラインが他のオンライン英会話スクールと違う特徴は…

  • 1レッスンが「50分」(通常のスクールは25分)
  • TESOL有資格者の講師も在籍&アメリカ、カナダ国籍(全体的に「質が高い」講師陣)
  • CEFRに対応したレッスン内容&評価システム

といったところでしょうか…。それでは一つずつ見ていきたいと思います。

 

1レッスンが「50分」!

 

私がワンズワード・オンラインに入会してみて真っ先に気づいた他のスクールとの違いが「1レッスンが50分」という点です。

 

恐らく「5、50分!?長いな…」と感じたのは私だけでは無いでしょう。通常のオンライン英会話スクールは基本的に「1レッスン25分」という単位なので、単純に普段の「」話すことになると考えると、そう感じても無理はないと思います。

 

 

この「1レッスン50分」という時間に関しては正直、賛否両論でしょう。

 

普段の「25分のレッスンが短すぎる!」という方の場合、これは嬉しい配慮でしょうし、「25分ですら長いのに…」という方にとってはありえない程長く感じてしまうかもしれません。

 

しかし、結局のところそれも講師次第。講師の教え方が良かったり話やすい雰囲気だった場合、それほど苦痛に感じることなくレッスンの時間も流れていくことと思います。

 

なので「50分のレッスンを耐えられるかどうかは講師次第」というわけですが…ワンズワード・オンラインの講師はどのような方たちなのでしょうか?

 

 

TESOL有資格者&アメリカ、カナダ国籍の講師も在籍

 

さて、講師の紹介ページを読んでいると「TESOL有資格者」ということが書かれていますが、このTESOLとは一体なんなのでしょうか?

 

このTESOLとは「英語を母国語としない人たちに向けて英語教授法」のことですが、要するにこのTESOLの資格を持っている人は英語が理解できない人に英語を教える方法をちゃんと学んだ人といえます。

 

 

しかし、単に「TESOL有資格者」といってもTESOLには「大学院で数年学ばないといけない」タイプのものや「数ヶ月単位で取れてしまう」ようなタイプのものまであるので一概にこの資格を持っているというだけで「英語を教えるプロ」ということもできません。

 

まあ、それでも持っていないより「持っている方がいい」のは間違いないのですがね。(ちなみにDMM英会話やレアジョブなどの格安のオンライン英会話スクールでもTESOL有資格者はいますが比較的少ないように感じます。)

 

 

また講師の中には「アメリカ」「カナダ」などの国籍の方も在籍し、中には「10年以上」英語の先生として務めていた方もいたり、平均して講師の質が高いというように感じました。

 

たとえ「50分」という、通常のスクールよりも長いレッスン時間だとしても講師がうまくレッスンをリードしてくれれば、あまり苦でもありませんからね。

 

このような素晴らしい講師ありきのレッスン体系だといえます。

 

 

CEFRに対応したレッスン内容&評価システム

 

CEFR?」とあまり聞き覚えのない単語がでてきましたが、CEFRとは「ヨーロッパの方で一般的に使われている英語力を測るための指標」で、日本でいえば「TOEIC」並にヨーロッパでは浸透しています。(もちろんCEFRの場合、TOEICと違って「聞く、読む」に加えて「書く、話す」という実力を測るため、より実践的な指標となります)

 

ではこのCEFRがどのように私たち日本人に関連しているのかというとこれは「ヨーロッパへの留学」を考えている方などは「CEFRの○○レベル」というように、一定のレベルが求められます。

 

 

また最近では「NHKの英語講座」でもCEFRを基準にレベル分けが行われたり「英検」でも「より国際的な英語の評価測定を」ということでCEFRと関連性のある「CSE」スコアの記載を従来の成績表に付け加えたりと、より「国際的にも判断できる評価基準」としてこのCEFRは様々な機関で採用されているようです。

あなたにピッタリの英語講座(NHK)

2015 年度 第 1 回実用英語技能検定一次試験より成績表示が変わります(英検)

 

 

なので「ヨーロッパへの留学を考えている」ような方も含め、今後は「日本のみならず、国際的にも評価してくれる評価基準」であるCEFRのレベルを「自分が今どのレベルにいるのか確認しながら英会話力アップを目指したい!」という場合ワンズワード・オンラインは非常にオススメできるスクールといえるでしょう。

 

 

いざ!トライアルレッスンを受験!

 

それでは一度、無料のトライアルレッスンを受講してみたいと思います。(2015年4月現在はキャンペーン中のためトライアルレッスンが無料で受講できますが、キャンペーンが終了すると有料となりますのでご注意を

 

今回予約をとったのはJenny先生です。

 

 Jenny先生のレッスンを取ってみた感想は「発音が綺麗で、とっても話しやすい雰囲気の先生」ということ。

 

最初に(彼女が)好きな日本のアニメなどについて話をしてくれたので非常に親近感がもてましたね。

 

レッスンをうまくリードしてくれましたので、50分というレッスンの長さもさほど気にはなりませんでした。(ちなみにレッスン内容は「フリートーク」。初心者の方にはちゃんと「トライアル用のテキスト」も用意されていますので安心です)

 

ただ唯一残念だったのが「電波がやや悪かった」という点でしょうか。

 

まあ、多くのオンライン英会話スクールで「自宅からレッスン」を提供する講師がほとんどで自宅からレッスンを提供している限り、このような問題はつきものなので仕方ないともいえるのですが…。(それが嫌なら「オフィス」からレッスンを提供しているスクールに移るしかありませんが、「講師が全員オフィスからレッスンを提供している」スクールの場合、料金が高い傾向にありますので、どちらをとるかですね)

 

これが理由なのかは分かりませんが、彼女の評価は「星4つ」となっていました。

星4つ

 

ちなみに「星5」の「生徒からの評価が最大」の講師も数名いましたが、どの講師も「予約で一杯」でした。やはりどのスクールでも人気の講師の予約はとりづらくなっているといえますね。

 

ただ、Jenny先生も電波の面を除いては、私にとっては十分素晴らしい講師でした。(「オフィスからレッスンを提供しているスクール」で初心者の方にもオススメなのがこちら→”超”初心者でもオススメ!オンライン英会話が初めてならこのスクール!

 

 

ワンズワード・オンラインを利用してみて感じたデメリット

 

ただ、今回ワンズワード・オンラインを利用してみて…

  • 12時間前までに予約を取らなければいけない
  • レアジョブ、DMM英会話などの格安スクールと比べて料金が高い

といったポイントがやや使いづらいと感じましたが、特に「柔軟にレッスンの受講時間を変更したい」私にとって「12時間前に予約を入れないといけない」のはやや辛いと感じました。

 

また、「アメリカやカナダ」国籍の講師が所属するスクールは基本的に「格安のオンライン英会話スクールと比べて料金が高めに設定されている」わけで、ワンズワード・オンラインも例に漏れずレアジョブ、DMM英会話といった格安スクールと比較すると料金が高く設定されています。

 

ちなみにワンズワード・オンラインでは条件を満たすと「月に4回のレッスンを5回」に増やすことができますので、レッスン単価を下げることは可能です。詳細についてはこちら→ワンズワード・オンラインの料金について

 

 

なので「別に国籍なんて関係なく、とにかく安く英会話料金を抑えたい!」と考えている方は、先程から紹介しています「DMM英会話」や「レアジョブ」で「お気に入りの講師」を数人みつけ、その人たちと集中してレッスンを行ったほうが得策だといえるでしょう。

 

「格安スクール」から「素晴らしい講師を見つけ出す」ための方法についてはこちらで解説しています→オンライン英会話で講師を選ぶときの5つのポイント

 

 

結局、ワンズワード・オンラインは誰にオススメできるの?

 

さて少し長くなりましたのでワンズワード・オンラインの特徴をまとめますと…

メリット

  • アメリカやカナダ国籍の講師も在籍!TESOL有資格者も多数の講師陣
  • CEFRに対応したレッスンも提供可能

デメリット

  • 柔軟性に欠ける予約制度(12時間前から予約をとらなければならな)
  • 料金が格安オンライン英会話スクールより高め

ここから考えられるONE’S WORLDをオススメできる方は…

 

 

カナダ人やアメリカ人に英会話レッスンを受講したいと考えている人

「やっぱりフィリピン人じゃなくてカナダ人やアメリカ人に英語を教えてもらいたい!」と考えている方もいると思いますので、そのような方にはオススメできるスクールですね。

 

ただ、もしも「12時間前までに予約しなければいけないのがちょっと…」という場合はアメリカ、カナダといった国籍の講師が在籍&予約も15分前まで可能な「エイゴックス」がオススメといえるでしょう。

 

 

CEFRの評価体制に魅力を感じている人

先程も説明したとおり、「ヨーロッパに留学に行く」という人も含めて、「国際的な評価体制である」CEFRの指標をもとに「自分の英会話力を磨きたい!」と考えている方にとっては、ONE’S WORLDのようなCEFRに対応した評価基準&レッスンを提供しているスクールは非常に貴重な存在といえます。

 

なので今後、CEFRを意識して学習に取り組みたいという方にもワンズワード・オンラインはオススメできるスクールといえるでしょう。

 

ワンズワード・オンラインの公式サイトはこちら

ワンズワード・オンライン

 

ではワンズワード・オンラインのレビューは以上です。失礼いたします(*_ _)ペコリ

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ