ビジネス専門オンライン英会話の『Bizmates』レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

「仕事の募集要項に『ビジネス英会話が出来る人』ってあるからビジネス英語を学びたい!」

 

 「外資系に就職するためにビジネス英会話を学びたい!」

 

「海外とやりとりがある部署に異動させられるから、これを機に本格的にビジネス英語を学びたい!」

 

 

など、「ビジネス英会話を学びたい!」理由は人それぞれですが、そんな中でも、特に「ビジネス英会話を”真剣”に勉強したいんだ!」という方。

 

「将来的には海外でビジネスを行いたいんだ!」とか「海外に駐在で行くことになっても英語で不自由しないぐらいビジネス英語を身につけたいんだ!」とか…

 

そのような方がオンライン英会話スクールでビジネス英語を学ぼうとされるとき、スクール選びには注意しなければなりません。

 

 

ビジネス英会話を開講しているスクールの中には「実際にビジネス経験の無い講師」が教えているスクールや「フリートーク+α」としてビジネス英語が扱われているため「講師」や「教材(レッスン内容)」の質があまり高くないスクールがあったりします。

 

もちろん「英語でちょっと電話対応できたらいいかな…」とか「英語でemailを書けるようになったら満足」という場合はあまり気にする必要は無いのかもしれませんが…。

 

 

そうではなくて「外資系で回りの同僚がみんな”外国人”」というような「完全な”英語環境”でも十分に通用する英語力を身につけたい!」。そんな方にオススメなのがビジネス英会話専門のオンライン英会話スクールがBizmates(ビズメイツ) です。

 

 WS000001

 

1レッスンの時間 25分
1日に受けれるレッスン回数 最大4回
授業料/月 12.000円(1日1回レッスンプラン)
18.000円(1日2回レッスンプラン)
教材費 無料
レッスンの受付時間 平日:6時~13:55時&18時~24:55時
土日祝日:5時~24:55時※
レッスン形態 マンツーマン
無料の体験期間 25分×1回
講師の国籍 フィリピン人
講師の人数  150人以上
日本人サポートの有無 メールのみ
予約可能時間 レッスン開始15分前まで
キャンセル可能時間 レッスン開始1時間前まで

※2016年8月9日(火)より、レッスンの可能時間が大幅に改善されました!

 

ではなぜ、Bizmateがビジネス英会話を学ぶのにオススメの英会話スクールなのでしょうか?

 

理由①~内容が「ビジネス」に特化され”質&量”共に優れたテキスト

 

Bizmatesで受講するレッスン内容は主に3つに分かれておりこの中から自分でレッスン内容を選ぶことになります。

  • Bizmates program
  • Other programs
  • Assist lesson

そして、この中でメインとなる教材が「Bizmates program」です。

 

Bizmates programは「レベル1~5」に分かれており、生徒それぞれにあったレベルからレッスンが開始されます。(最初の無料体験レッスンのときに、自分がどのレベルに割り当てられるか教えてくれます)

 

そしてこの「Bizmate program」のテキストの「量&質」がとにかくすごい

 

Bizmates

 

 

(レベル1~5に分かれているプログラムの「レベル2」で受けることになるレッスンテーマ。ちなみにレベル1は『中学生レベルの英文法』ということで内容がビジネスではありません。)

 

 

それぞれのレベルでは「Rank A~RankE」まで分かれており、それぞれのRankで20テキスト用意されているため、最低でも100回以上のレッスンを受けなければ次のレベルに上がることができなくなっています。

 

 

WS000002

  (レベル2の教材サンプル)

 

そしてもちろん、テキスト内容も「ビジネスに関わる内容」ということで「現場でのコミュニケーション」「それぞれの国の文化的背景について」「ビジネスに対する考え方、知識、マネジメント理論」など、レベル3、レベル4、レベル5…と上がるにつれて、テキスト内容もどんどんレベルの高いものになっていきます。

 

 

このためBizmate programを順番にこなしていくだけで、「仕事上のどのような場面にも英語で対応できるビジネスマン」になることができるわけです。

 

 

 

ただ、時には「海外からの電話に対応しないといけない部署に配属されることになったから、集中的に”英語での電話対応の練習”をしたい!」ということもあるでしょう。

 

そんな「Bizmates program」で学んでいる以外のビジネス英会話を学びたいときに役に立つのがOther programsAssist Lessonです。

 

WS000001

 

「Other programs」では「日常会話力を上げるためのテキスト」や「特定のビジネススキルを集中的に鍛えるためのテキスト」(電話会議、プレゼンテーション、ミーティングなど)が用意されています。

 

これらのテキストを利用することで「特定のスキルを集中的に鍛える」ことが可能になります。

 

 

WS000002

 

「Assist Lesson」では、「生徒が抱えている課題を解決」するためのレッスン、つまり「レッスン内でどのようなことを教えてもらいたいのか自分で設定」できます。

 

 

このため「英語で客先にメールを送ろうと思うんだけど…ちょっと添削してくれない?」とか「今度の会議で英語でプレゼンを行うんだけど…ちょっと、予行演習&アドバイスとかもらえないかな?」などといった「現状、困っている課題の解決を講師と一緒に考えてもらう」というようなレッスンの受講の仕方も可能となります。

 

これら「Other programs」と「Assist lesson」があるため「Bizmates program」だけではカバーできない内容もしっかりと学ぶことができるわけです。

 

 

理由②~講師は「ビジネス経験者」に限定

 

ただ、当然ですが「教材」を使って私達にビジネス英語を教えてくれるのは「教師」です。なので、どれだけレッスン内で使うテキストが優れていようとも「教師が優れていないければなんの意味もない」わけです。

 

例えばあなたは「仕事をしたことのない日本の学生から、仕事で使う敬語を学びたい」と思うでしょうか?

 

こうして書いてみるとかなり非現実的なように感じますがこんなことが実際に起こりうるのがオンライン英会話です。

 

そんな中、Bizmatesの教師陣は「ビジネス経験者に限定」されています

 

 WS000000

 

『技術職』『教師』『セミナー講師』『製造業』『営業』『人事』…中には『MBA』ホルダー、『博士号』所持者など。教師達のバックグラウンドは多種多様で様々な業界、企業、職業で働いていた人たちの体験談を英語で聞くだけでも貴重ですが、そんな方たちに教えてもらえるのはBizmates で英語を学ぶ大きなメリットです。

 

私はオンライン英会話において「学生が講師を勤める」ことに対してとくに反対はしません。学生と話すのはそれはそれで違う楽しみがありますからね。

 

しかし、「ちゃんとビジネス英会話を学びたい!」というような人にとってはどうでしょうか。

 

仕事経験の無い学生にビジネス英語を教わっているとき、「本当にこんな言い回しでいいんだろうか…」と考えてしまっては終わりです。

 

なぜなら「不安、疑問、焦燥」といった感情を抱いていては学習に100%集中することはできないからです。

 

これは「信用できない人と一緒に働いても100%の力を発揮できない」ことと似ているかもしれません。

 

 

 

ビジネス英語を学ぶのにBizmatesがオススメな理由まとめ

 

ここまでの話をまとめると…

  • これでもか!?”というほど内容が豊富なビジネス英語学習プログラム
  • ビジネス経験者に限定された「多様なバックグラウンドを持っている」教師陣

 

この二点がBizmates最大の長所といえます。

 

「完全な”英語環境”でも対応できるだけのビジネス英語力を身につけたい!」このような方にとっては正に「ベスト」なオンライン英会話スクールのBizmates。

 

ビジネス英会話を真剣に身につけたい方にはオススメのスクールといえます。

 

無料体験レッスンだけでもやってみる

Bizmates(ビズメイツ)

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ