レアジョブに登録!会話教材(上級)でレッスンを受講!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レアジョブ

 

この度、「レアジョブ英会話 」で1ヶ月間の英会話レッスンを行ってみることにしましたので、これから1ヶ月間の間、レアジョブのレッスン内容や講師についての記事を投稿していきたいと思います。

 

レアジョブといえば「マザーズに上場」したりして、色々と注目を集めているオンライン英会話スクールということもあり、「そのうち1ヶ月間ぐらいレッスンを体験してみたいな…」と思っていたところ今回、ようやく体験してみることにしました。

 

私の場合、すでに無料体験レッスンは終了していますので、本登録して早速レッスンを受講していきたいと思います。(とりあえず無料体験レッスンを試してみるという方はこちら→レアジョブで無料体験レッスンを受講する

 

 

これからどんな教材を使ってレッスンを受けていく?

 

レアジョブでは「フリートーク」以外にも「TOEIC教材」「会話教材」「文法教材「発音教材」「ニュース教材」…など、かなりの数のテキストが用意されています。

 

 レアジョブの教材

(→レアジョブの教材を確認する

 

ただ、「中~上級者におススメの英会話スクール」でも、紹介している通り、レアジョブのようなスクールでのおススメレッスンはなんといっても「フリートーク」とか「Daily News Article」を利用して、「いっぱい英語を話す」ことだと考えています。

 

しかし、だからといって「フリートーク」ばかりやっていても変化に乏しいですし読んでいる方にとっても「退屈…」に感じられるかもしれませんので、あえて「色んな教材」に挑戦していこうと考えています。

 

この前の「Bizmatesの1ヶ月体験レビュー記事」の場合では、Bizmatesのレッスンプランの関係で「スクール側でレッスン内容がある程度設定」されている事もあり、一々どのようなレッスンをとろうか考える必要もなかったんですがね…

 

色んなレッスンが受けられるというのも、ある意味「面倒」なだけなのかもしれませんね…(面倒くさがりなもんでw)

 

まあ、そんなことはさておき、早速レアジョブに登録して1回目のレッスンを受けていきたいと思います。

 

レアジョブで英会話~会話教材(上級)のレッスン内容

 

さて、1回目のレッスンに選んだのは「会話教材の上級」テキストです。

会話教材の上級

 

ちなみに、レアジョブのほとんどの教材については「登録しなくても内容を確認できる」ので、テキスト内容が気になる方は一度確認してみてください。(→レアジョブの『会話教材』(上級)を確認する

 

 今回はPM9時ごろからのレッスンを予約し、時間通りに講師から連絡。簡単に自己紹介して早速レッスン開始です。

 

 会話教材(上級)の一つ目のテキスト「Life Outside Work」は合計、5つのパート(Exercise)に別れています。(下記の説明文は実際にテキストを見ながら読んで頂いた方が分かりやすいです

 

Exercise.1 Read Aloud

冒頭に大きなイラストが描かれていて、そのイラストに関連する内容の文章が2ページ目に書かれています。

 

講師からその文章を読むように指示され、読み終わったらその下にある「質問文」に対して回答していきます。

 

Exercise.1 に関しては特に問題なし。質問文に関しても答えたことに対して、講師側もそこまで突っ込んで質問してこなかったのですんなり終わりました。

 

Exercise.2 Say it!

Exercise.1 のテキスト内容に関連した「新出単語が5つ」とその単語を使用した「例文」がそれぞれテキストに載っています。

 

講師から「単語」と「例文」を読んで、その後、新出単語を利用して新たに例文を作るように指示されます。

 

普段、あまり使っていない単語(work life-balanceやrecreational)で例文を作るときはちょっと時間がかかりましたね。ただ、もしも例文を作るのに時間がかかってしまっても問題ありませんw講師には「Wait a moment!」とでも言って、待っておいてもらいましょう。

 

Exercise.3 Complete the Dialogue

例文を「Tutor(講師)」と「Student(生徒)」に分かれて読んでいきますが、Student(生徒)側の文章は「空欄」になっていますので、カッコ内の指示に沿った内容の例文を即興で作っていく、というレッスンです。

 

例えば「Tutor」の1つめの例文…「Argh! I’ve been working till 4AM every day this week. I only go hometo sleep. What should I do?」に対して、「Student」側には「Sympathize with your tutor and tell him/her what he/she can do」(同情の意を表して、彼/彼女に何ができるか伝える)というような指示が書かれています。

 

一つの例として…「I feel sorry for you… Why don’t you take a rest?」などと回答するのが適切ではないかと思います。

 

Exercise.3 に関してはExercise2以上に時間がかかってしまいましたが、なんとか切り抜けることができたかな…という感じです。もしも「難しい」と思ったなら、事前に回答を考えておくのも一つの手です。

 

また、どうしても思いつかなかった場合、「I can’t think up any ideas!Could you give me a example?」とでも質問すれば、答えを教えてくれるのではと思います。

 

Exercise.4 Defend yourself!

あるテーマについてAとBの「2つの意見」が与えられているのでどちらかを選んで、自分の意見を述べます。

 

例えば「働く日数」について…

  • A.週に4日、1日に10時間勤務がいいです。なぜなら…
  • B.今のまま週に5日、8時間勤務でいいです。なぜなら…

のどちらかの意見を選んで、その理由を回答します。

 

Exercise4に関して、普段思っていることをそのまま言えばいいので回答するのにそこまで困りませんでした。

 

Exercise5. Conversation Starter

4つのお題の中から一つを選んで、講師と「ディスカッション」します。

 

さすがに、ここでは講師から色々と突っ込まれたりしました…が正直にいえば、Exercise5に着く前にほとんど時間切れだったのであまりちゃんとディスカッションはできませんでしたw

 

 

レッスンの感想

 

今回の教材について「25分のフリートークはできるけど気づいたら同じことばっかり話してる…」というときに”スパイス”として取り入れてみるのはありだと思いました。

 

「会話教材」というだけあって、「必然的にこちらが多く話さないといけない」ような内容にもなっていますんで、「レッスンが終わって、気づいたら自分があんまり話せてないかも…」と感じることも無いと思います。

 

しかも「会話教材」に関しては「初級」「中級」とありますので自分のレベルに会ったものを選べば、そこまで答えるのに苦労しないと思いますし。

 

テキストに関してはおおむね”満足”といったところでしょうか。

 

講師に関しては最初の方は「ちょっと無愛想かな…」と思いましたが自分がレッスン中に犯したミスなどを指摘してくれたりして、最終的には「しっかりと指導してくれる先生」という感じでした。

 

1回目のレッスンはこんな感じですかね…。

 

今後、色んなテキストを利用してレアジョブ を楽しんでいこうと思いますんで、また、読みに来ていただければと思います!

 

では以上です。失礼します(*_ _)ペコリ

 

 次の体験記事(受講してみて感じたレアジョブのTOEIC教材の正直な感想)はこちら

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ