スクリプト付き!英語のリスニング練習にオススメのサイトまとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスニングサイト

 

英語のリスニング力を鍛えるのによく「ウェブサイトを利用している」という方も多いと思いますが、リスニングを行うときにどうしても欲しいのがスクリプト(英語&日本語)です。

 

「今なんて言ったの!?」かを確認するためには英語のスクリプトが、「本当にこういう意味であってるの?」を確認するためには日本語のスクリプトがあると、スムーズにリスニングを進められますからね。

 

なので今回、私が個人的によく利用しているスクリプトを確認しながら英語のリスニングを行えるお勧めのサイトをいくつかご紹介したいと思います。

 

 

VOA

 

リスニングの練習にオススメのWebサイトとして非常に有名なVOA(Voice of America)はアメリカ英語のリスニング練習に最適なWebサイトといえます。

 

VOA

 

VOAの特徴はとにかくいろんなトピック(ビジネス、科学、歴史など)のリスニング練習が行える点であったり、英語を話す速さが比較的ゆっくりなので英語を聞きなれていない人にもオススメできる点でしょうか。

 

 

また使われている単語はニュース記事ということもあり、若干難しいかもしれませんがVOAではカーソルを合わせてクリックするだけで単語の意味が表示されるのでたとえ、単語の意味が分かっていなくてもすぐに調べることができます。

 

voa

 

英英辞典に慣れていない方にはちょっとつらいかもしれませんが、英語で英語を考える癖をつけるのは英語力上達にも重要なので、ぜひチャレンジしていただければと思います。

 

 

本当に様々なトピックのリスニング練習を行えるので、ボリューム的には最もオススメできるリスニング練習用サイトの一つです。

 

VOA

 

 

TED

 

当サイトでも何度かご紹介しているTED

 

様々なジャンルで最先端の研究や活動を行っている人々のプレゼンが聞けますがこのTEDでも英語字幕はもちろん、多くの動画で日本語字幕も利用できます。

 

TED

 

 

ただ一部の動画では日本語字幕が対応していません。もし日本語字幕対応の動画のみを表示したい場合、トップページ真ん中のLanguagesの中から日本語を選べば検索可能です。

 

ted

 

 

 

動画内のサブタイトルを英語や日本語に切り替える場合は、こちらのSubtitleから変更できます。

 

subtitle

 

TEDの特徴はなんといっても興味のあるジャンルのビデオに関しては本当に「観ているだけで面白い!」から、際限なく視聴できるところでしょうか。

 

 

先程、ご紹介したVOAなんかの場合だと、ニュース記事から引用されたリスニング音声が多いのでどうしても単調に感じて私の場合は眠くなってしまっうことも多々あります(汗

 

でもTEDの場合は、自分が興味を持っているジャンルなら絶対に「面白い!」とか「え!?そうだったの!!」と、驚かされたり、興奮させられたりするので眠気も感じることがありません。

 

 

TEDのウェブサイトが立ち上がった最初の頃は日本語字幕にも対応してなかったりして、英語が理解できる人たちだけのものという印象がありましたが、最近では日本語対応している動画も増えていますので、英語学習者はもちろん、英語が分からない方が少し英語に触れてみるためにもオススメできるサイトと言えます。

 

TED(日本語)

 

 

degital cast

 

degital cast

 

日英、両方のスクリプトを表示して英語を学べるDegital Cast!でもご紹介したとおり、degital castは先程ご紹介したTEDや洋楽の日本語字幕&英語字幕を同時に表示させることのできるサイトです。

 

 

degitalcast

 

ちなみにDegital Castでは英語字幕が品詞別に色分けされるという特徴がありますが、これは機械が自動で行っているため必ずしも正確ではありませんのでご注意を。

 

あと、洋楽の字幕が日本語字幕ではなくカタカナ英語という点なのがちょっと残念ですね。

 

lyrics

 

 

Degital Cast

 

 

hulu

 

「洋画で字幕を観ながらリスニング練習を行いたい!」という方にオススメのサイトはhuluですね。

 

hulu

 

huluでは「映画で英会話」というコーナーがあり、英語字幕や日本語字幕に対応している動画が集められているのも使い勝手がよくてありがたいです。(一部、対応していない動画もあります)

 

hulu

 

動画を利用した学習が最も効率的な理由!でもご紹介している通り、動画なら「フレーズ(単語)の意味」と「どのようなシーンで使われるのか」ということを同時に理解できますので、非常に学習効率がいいのでオススメのリスニングトレーニング方法の一つです。

 

映画なら楽しみながら英語の勉強を行えるので、上でご紹介したようなリスニングサイトに飽きてしまったような方にオススメですね。(ただ、映画の難易度には気をつけるべきでしょうが)

 

hulu

 

 

リスニング力をあげたいなら英語脳を磨く必要がある

 

さて、ここまで私が普段利用しているスクリプト付きのリスニングサイトをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ぜひうまく活用してリスニング力を磨いていただければと思いますが、実はリスニング力を磨くためには英語脳を鍛えることも重要なのはご存知でしょうか?

 

 

英語脳とは「英語を英語の語順のまま理解するための能力」のことです。例えば英語脳が鍛えられていない人が英語を聞いたとき、どのように英語を理解しているのかというと…

 

 

 

 

英語を聞く⇒一度日本語に訳す⇒日本語で理解できたので、英語に直す⇒(英会話の場合)英語を話す

 

 

 

 

 

という流れを無意識のうちに行っています。

しかし、もし英語脳が鍛えられていれば…。

 

 

 

 

英語を聞く⇒理解する⇒(英会話の場合)英語を話す

 

 

 

 

 

という一度、日本語に翻訳する作業が必要なくなるため、圧倒的に英語を理解する速度があがります。これが英語脳です。

 

では、英語脳が鍛えられていない状態でリスニングを行った場合、どうなるのでしょうか。当然ながら…

 

 

 

 

 

 

英語を聞く⇒頭の中で日本語に訳している間に新しい英語が流れてくる⇒日本語への翻訳が間に合わず、意味が分からなくなってくる!

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけです。すごくゆっくりとした英語なら全く問題ないかもしれませんが、ちょっと英語のスピードが速まれば、もはや一度日本語に翻訳していたのでは間に合いません。

 

なのでTOEICのリスニング問題で出てくるパート3(会話問題)やパート4(説明文問題)を正確に理解し、高得点をとるためにはある程度英語脳を鍛える必要があるといえます。もちろん、話される英語がはやすぎるから「フレーズではなく単語を聞き取り、回答を予測する」というのも一つのテクニックではありますが、そうして出した答えは正確ではありませんからね。

 

 

 

英語脳ってどうやったら鍛えられるの?

 

ただ、こう聞くと「よし!じゃあ英語脳を鍛えるためにとにかく英語をいっぱい聞いてやる!」という人も出てくるかもしれませんが、英語脳はリスニングだけしていても鍛えられません

 

英語脳を鍛えるにはインプットだけでなく、アウトプットも非常に重要といわれています。英語を聞くだけでなく、その聞いた英語を口から話すことによって、いちいち日本語に訳さずとも英語の語順そのままで英語を理解できるようになります。

 

 

ただ、この英語脳を鍛えるためにはルールも存在します。それが「聞いた英語を日本語に翻訳せずに話す」ということです。聞いた英語を無意識のうちに日本語に翻訳していては、当然ながらいつまでたっても英語脳を鍛えることはできません。

 

 

なので、無意識のうちに日本語から英語に翻訳する”クセ”がついている人は一向に英語脳が鍛えられません。これでは英語脳を鍛えるために膨大な時間がかかってしまうのですが、そんな英語脳を最短で鍛えるために開発されたのがカランメソッドというレッスンです。

 

4倍早く英語を習得!カランメソッドって一体なに!?

 

 

 カランメソッドの特徴を説明すると英語を日本語に翻訳できないぐらいのスピードでレッスンが行われるため、レッスンを受講しているだけで自然と英語脳が鍛えられるということです。(カランメソッドの詳細は上のページにて解説しています)

 

 

TOEICで高得点をとる必要がある人はぜひ英語脳を!

 

もし、TOEICなどのリスニングテストでパート1や2はなんとなく理解できるものの、パート3やパート4では「脳内翻訳が間に合わなくてなかなか高得点が取れない!」という方は、ページ冒頭でご紹介したリスニングサイトと共に、カランメソッドで英語脳も同時に鍛えたほうがいいかもしれませんね。

 

 

もちろん、巷にあふれるTOEIC対策本を利用すれば、ある程度のところまでは点数が自然と上がっていくでしょう。

 

ですが、一夜漬けの対策ではそのうち頭打ちです。必ず、点数の伸びが停滞するときがやってきます。そこから点数を上げるためには本当の英語力(英語脳)が必要です。

 

もしもそんな時が来てしまったときは、ぜひこちらのページでご紹介した「さらにリスニング力を鍛えるためには英語脳を鍛える必要がある」ということを思い出して頂ければと思います。

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ