オンライン英会話が苦痛!? 苦痛なら上達しない理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

オンライン英会話は義務教育と違い自分の意思で利用するサービスです。つまり強制はされないため、利用するのを苦痛に感じていたら絶対に長続きしません

 

 

語学の習得には絶対的に時間が必要です。それこそ1,2ヶ月で習得できるレベルなんて限られており、(達成したい目標にもよりますが)ある程度流暢に話せるようになるには半年~1年は必要ではないでしょうか。これは私が英会話を身につける上で必要と感じた時間なので、もっと効率のいい人もいるのかもしれませんが。

 

 

とにかく、オンライン英会話で苦痛を感じているのであれば、その苦痛の原因を取り除く必要があります。ではあなたがオンライン英会話を苦痛と感じている理由は一体なんなのでしょうか。

 

 

難しくて苦痛!

 

英会話に慣れていない英会話初心者の方がいきなりオンライン英会話を利用すると「難しくてついていけない…」と感じる方も多いと思います。このような方がフリートークのようなレッスン中、フルで英語を話さなければならないようなレッスンを取ってしまうとオンライン英会話も苦痛に感じてしまうでしょう。

 

 

そもそもフリートークは初心者向けのレッスンではないで、すでに25分間、英語だけでコミュニケーションが取れる中級者が行うべきレッスンです。このように、あなたにあったレベルに合ったレッスンを行わなければ、オンライン英会話も苦痛に感じてしまうでしょう。。

 

 

そんな英会話のレベル別におススメのオンライン英会話&レッスンはこちらのページでご紹介していますので、参考にして頂ければと思います。

 

 

超初心者にはイングリッシュベルのDMEメソッドがおススメ!

厳選!中級者におススメのオンライン英会話まとめ!!

 

 

 

上達しなくて苦痛!

 

 もともと好きで始めた英会話でも、どれだけ長く続けても英会話が思ったように上達しないとどうしても苦痛に感じてしまうものです。「なんでこれだけ頑張ってるのに…」とネガティブになってしまい、気づいたらオンライン英会話を辞めてしまっていた、なんて方もきっと多いはずです。

 

 

そんな方は少し、目標を下げてみるというのも一つの手です。あなたが定めた目標はそもそも、あなたが設定した期限内に達成するには困難な目標だったのかもしれません。DMM英会話で1ヶ月レッスンを受けたらどれぐらい上達するでも書きましたが期間を決めて英会話を上達せようと思ったら挫折するキッカケにもなります。

 

 

このため、英会話が上達せずに苦痛に感じている方は一度、肩の力を抜き英会話を楽しむ方向で考えてみてください。そもそも英会話は楽しみながら続けていれば自然とレベルが上がっていくものです。

 

ただ、それはもちろん英会話の基礎(中学レベルの英語)が出来ていたらの話ですが。

 

中学レベルの英文法や語彙が抜けている場合は、英会話を行っていてもなかなか上達しないと思いますので。この条件さえクリアしているのであれば、もっと英会話を楽しむよう、自分を持っていってあげましょう。(英会話の基礎の詳細はこちら⇒オンライン英会話でなかなか上達しない人とする人の違い

 

 

 

 英語で話すことが苦痛!

 

そもそも英会話自体に興味がないものの、「仕事のために仕方なく…」オンライン英会話を利用している人の中にはこのような方もいるでしょう。そもそも英会話自体が苦痛に感じてしまう場合です。

 

 

もともと「話すのが好き」という方の場合、英会話を続けて英語を話せるようになり、講師とも仲良くなれば英会話は自然と楽しくなると思いますので、それまでの辛抱といったところでしょうか。ただ、講師が原因で話すのが苦痛と感じてしまっている人はいませんか。

 

オンライン英会話の講師の中にはあまり質の高くない講師がいるのも事実で、中にはアルバイト感覚で働いていたりやる気が無いせいか、途中でレッスンを切り上げようとしたり。そんな講師が原因で英語を話すのが苦痛なのであれば一度、講師の質が高いオンライン英会話を利用してみてください。

 

きっとあなたが満足できるような講師と出会えると思いますので。

 

 

 

 ただ、そういったケースではなくもともとの性格的に話をするのがあまり好きではないという方もいると思います。

 

そのような方は話をすること自体が苦痛と感じているのですから、たとえ言語が変わったとしても話すのは苦痛に感じてしまうはずです。

 

このような方の場合は確かに英会話を身につけるのは難しいかもしれません。やはり英会話の上達において一番大切なのは「英語を話すことが楽しい!」と感じることです。英語を話すことが楽しければ、何時間でも英会話を行えますし、練習時間が増えれば上達速度も上がるのは当然の話です。

 

 

しかし、仕事などの理由でどうしても英会話を身につけなければならない場合もあるでしょう。そこで、このような方に一度レッスンを受けていただきたいのがカランメソッドです。

 

 

 

 カランメソッドはフリートークなどのレッスン内容は全く違い、基本的には講師の話したことを後から繰り返し発音することでレッスンが進んでいきます。

 

このようなレッスン形式のためフリートークのようないわゆる世間話は一切ありません(あったとしても冒頭で少し)ので、話すのは苦手という方でもトレーニング感覚でレッスンを進めていけるかもしれません(カランメソッドの詳細はこちら⇒4倍早く英会話が習得可能!カランメソッドって一体なに!?)

 

 

 

また、英会話を習得するために最も効果的なのは「英語を話すこと」に間違いはありませんが、他の技能(ライティングやリスニング、リーディング)を鍛えることでスピーキング能力も間接的にではありますが、上達する効果はあります。

 

ライティングを行えば頭のなかで英文を組み立てる訓練になりますし、リーディングを行えば英会話で使うボキャブラリーが増えますので、当然といえば当然なのですが。なので、英語を話すこと自体が苦手な方はこのように英会話レッスン以外の方法でも英会話を上達させる、という意識が大切でしょうか。

 

 

終わりに

 

これ以外にも、人が英会話を苦痛に感じるポイントなんて山ほどありますのでこのページだけで全ての苦痛の原因をカバーできたとは思っていません。

 

結局のところ、なぜオンライン英会話を利用することが苦痛に感じるのか原因をハッキリさせるのがスタートです。そして、どうやったらその原因を取り除けるのか、調べていただければと思います。(インターネットだけでもかなりの手がかりが見つかると思いますので)

 

 

何度も言いますが、苦痛に感じている限りオンライン英会話を継続するのは難しいでしょうし、継続できなければ英会話の上達も難しいと思います。このページが苦痛の原因をハッキリさせ、オンライン英会話を継続して利用するためのヒントになれば幸いです(*_ _)ペコリ

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ