0歳~6歳の幼い子供がオンライン英会話で最大効果を得るためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

baby

 

先日、とあるオンライン英会話の講師が「子供のレッスって本当に大変なんだよ~」と言っていました。

 

その講師の方が教えている子供は2歳児とのこと。ただ、私の場合2歳児だとまだ言葉が喋れないと思っていたので、「子供本人はあんまり喋らなくて、一緒にレッスンを受けてる親に気を使ってレッスンをするのが疲れるって意味ですか??」と聞いたところ

 

「違う違う!その2歳児の子は本当に英語がうまくて、そこらへんの大人なんかよりペラペラだよ!」とのこと。

 

 

話をよく聞いてみると、whyとかhowといった”yes か no”で答えられないようなちょっと深い?質問もしてくるし、授業のやりがいはとてもある。ただ、たまに突拍子も無い質問をしてくる(海ってどこから来てるの?みたいな)から対応に困って大変だとのこと。

 

 

この話を聞いたとき、「もしかすると、子供の頃から英語を話したりしている子って脳の発育が早かったりするのかな?」と疑問に思いました

 

というわけでこちらのページでは…

 

  • もしオンライン英会話始めるとしたら何歳から始めたら効果的なの?
  • 本当にオンライン英会話で英語を話していたら脳にいい影響があるの?
  • 子供に効果的なオンライン英会話って?

 

 といった内容について調査した結果をご紹介していますので、よければ参考にして頂ければと思います。

 

 

こどもの間に英語を学ぶメリットは大きい

 

人間の 言語を学ぶ能力が年をとるとともに落ちていくのは、有名な話だと思います。

 

 

こちらのTEDの動画『The linguisic genius of babies』の中では7歳を超えると第二言語を学ぶ能力が衰え始めるとあります。(1分20秒~確認できます)

 

どうやらこの期間に英語の環境に身を置くことが二つの言語を母語のレベルで話すバイリンガルになるための一つの基準といえそうです。

 

なので、幼いうち(ここでは7歳以下)から英語を学ぶ大きなメリットの一つはバイリンガルレベルにまで英会話レベルをあげるための条件といえそうです。

 

 

ただし、当然ながらバイリンガルになろうと思うと、日本語と同じぐらい英語に触れる時間も必要だと思います。例えば、幼いときから英語を1日に25分だけ話すオンライン英会話を続けるだけでバイリンガルになれるか、と聞かれると正直疑問です。

 

特に7歳や8歳となると(もちろん個人差は激しいと思いますが…)子供の集中力もかなりついてくることが予想され、英会話レッスンにも集中できるでしょうが、3歳、4歳ともなるとそもそもレッスンに集中すること自体難しく、恐らくオンライン英会話の1レッスン(25分)を終えることすら難しい子供も多いはずです。

 

「じゃあ、バイリンガルになるために、完全に英語環境の場所に行って…」という考えを持たれる方もいるでしょうが、この幼い時から日本語と同じぐらい英語も学ぶということはデメリットに繋がる可能性もあるようです。

 

 

子供のときに英語を学ぶデメリットとは?

 

幼いうちから英語環境にどっぷりつかっていると、日本語の能力が伸びず、しかも英語と日本語がごちゃ混ぜになってしまい、英語も日本語も完璧に話すことのできない子供になってしまうケースがもあるようです。

 

 

例えばこちらのサイトで紹介されていたAさん↓

http://josei-bigaku.jp/lifestyle/kikokushizyo8242/

 

 

日系アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれ、 生まれてからずっとインターナショナルスクールに通い 英語も日本語も堪能になったAさんの悩みは「日本語も英語も不便なく使えるものの完璧ではない」ということ。

 

どちらかの言葉だけで育った場合と比べると、言葉の意味を掘り下げていく経験が足りないため、どちらかの言葉だけで自分の気持ちを完璧に伝えることが難しいと言うのです。

 

 

今回のケースは生まれてから英語も日本語も同じ程度使用するという生活を続けていたAさんならではの悩みだといえます。

 

ただ、これまた「一週間に1時間の英語のレッスンを2、3回受ける」といったやや英語教育に熱心なぐらいならこのような問題を抱えることはないとでしょう。(単純に日本語に触れる時間が多すぎるため)

 

 

英語を幼い時から学ぶデメリットをまとめると「あまりに英語の学習に熱心になりすぎることによって子供の日本語能力の伸び悩み」というわけですが、英語学習に熱心なお母さんは、我が子の日本語能力が他の子に比べて劣っていないか、やや注意しておく必要があるのかもしれません。

 

 

 

英語学習自体は脳に良いって本当?

 

ここまで子供(幼児)の頃から英語を学ぶことのメリット&デメリットについて触れてきましたが、ではそもそもの疑問だった英語学習が脳に及ぼす影響についてはどうなのでしょうか。

 

この脳の発育で英語学習の関連性について調べてみたところ、こんな記事を発見。

 

Being Bilingual Bo0sts Brain power

 

 

 

こちらはWebMDという最新の医療や健康に関わる情報について掲載されている海外のウェブサイトですが、こちらの記事によると5歳までに第2言語を学ぶと脳の発達に最も良い影響を与えるということが書かれています。

 

The researchers say that although language is thought to be mediated by functional changes in the brain, they show that being bilingual structurally changes the brain. Their study shows the effect was strongest in people who had learned a second language before age 5.

 

実験内容についてサラッと触れておきますと、英語を母語としてあやつり、なおかつヨーロッパの言語を「5歳まで」に学んだ人と「10歳~15歳」の間に学んだ人の脳をそれぞれ調査した結果、第二外国語を5歳までに学んだ人の脳にもっとも顕著な発育が見られた、ということになります。

 

なので、バイリンガルになれるかどうかはさておき、脳の発達という観点から考えても幼いとき(できたら5歳まで!)に英語学習は始めるメリットは大きいといえます。

 

 

もちろん、0歳児ではそもそも発声すること自体あやふやなのですから、「言葉も話せないのに英会話レッスンなんて受けさせても意味あるの?」と思うかもしれませんが、赤ちゃんは音を生後3、4ヶ月ごろから認識できているといわれています。

 

生後3ヶ月頃までは脳がきちんと音の情報を処理できず、突然の大きな音にMoro反射などにより反応するぐらいしかできません。しかし、生後3ヶ月を過ぎる頃から「音」を認識し始めると、大人と同じように反応できるようになっていきます。

引用:赤ちゃん・新生児の聴力はどれくらい?難聴は検査でわかる?

 

 

 

なので、ここまでの話から「何歳からオンライン英会話を始めるのが一番効果的なの?」という質問に対しての答えは…

 

  • 効果的に「英語力を習得」したいのであれば少なくとも7歳までに
  • 言語と共に、効果的に「脳の発育」を促したいなら5歳までに

 

オンライン英会話なり、英会話教室なりで英会話レッスンを受講されることをおススメします。(6歳になった後では「脳の発育」という観点からはあまりメリットがありませんので)

 

 

子供に効果的なオンライン英会話って?

 

ではここからは子供に効果的なオンライン英会話について解説していきます。ただ、「子供向けオンライン英会話」といってもおおまかに2種類に分けられます。

 

  • 全年齢対象のオンライン英会話
  • 子供専門のオンライン英会話

 

 

 全年齢対象のオンライン英会話ながら子供でも受講可能なオンライン英会話にレアジョブが挙げられます。また子供専門のオンライン英会話で代表的なところといえばリップルキッズパークなどが挙げられるでしょう。

 

レアジョブ or リップルキッズパーク?子供におススメのオンライン英会話は!?

 

 (両スクールの詳細は上のページでご紹介しています)

 

 

でどちらの方がより子供に効果的なオンライン英会話なのでしょうか。それはズバリ(というかもちろん)子供専門のオンライン英会話です。

 

子供専門なので当然と言われれば当然ですが、では具体的になぜ子供専門のオンライン英会話の方が子供により効果的なのでしょうか?

 

 

子供専門のオンライン英会話がより子供に効果的な理由

 

最大の理由は子どもが続けやすい(楽しんでもらいやすい)レッスンを提供してくれるからです。

 

子供や大人にかかわらず、英会話の上達に最も大切なのは「続けること」です。当サイトでは何度もお伝えしている通り、言語の習得というのは想像以上に時間がかかります。

 

 

子供(動画で説明されていた通り、特に7歳以下)の場合、大人よりも格段に上達するスピードは速いでしょうが、それでも1日や2日でネイティブレベルになれるわけがありません。

 

なので、”継続”することが英会話を上達させる必須条件なわけですが、いかんせん、子供というのは私達大人以上に飽き性なものです。

 

なのでもし、少しでもレッスンが「つまらない」となると、すぐにレッスンを放り出して「もう英会話なんてやらない!」とダダをこねられることは目に見えています。

 

 

しかし、子供専門のオンライン英会話だと子供でも楽しみやすいよう工夫されたレッスンが受けられるため、子供でもレッスンに飽きずらいです。

 

 

 

 

また先生自体も子供向けの訓練を受けていることもあり、子供を飽きさせないようなコツを心得ています。

 

 

一方、子供専門ではなく、全年齢対象のオンライン英会話の場合、子供用の教材が少なかったり、先生も(子供専門オンライン英会話の先生に比べて)子供のレッスンにそこまで慣れていないことがよくあります。

 

言い換えると、子供専門のオンライン英会話なら子供もあきずらく継続できる可能性があがり、英会話が上達しやすいといえます。

 

 

子供によってベストなレッスン方法は違う!

 

さて、ここまで子供に効果的なオンライン英会話についてご紹介してきましたが、一点だけ注意しておきたいことが、子どもによって最も効果的なレッスン方法は違うということです。

 

たとえ、子供専門のオンライン英会話を利用していたとしても、子供によっては「なんだかあんまり上達してない…」「あまり面白そうにレッスンを受けていない」といった現象が現れるかもしれません。

 

 

そこで、子供を一度よく観察してみてください。子供によっては…

 

  • 「女(男)の先生とレッスンを受けているときなら集中できている」
  •  「特定の教材(先生など)のレッスンなら楽しめている」

 

といった、その子供なりの法則があることもあります。子供にももちろん個性がありますから、お気に入りのレッスン方式が違っていてもなにも不思議なことはありません。

 

 

なので、人によってはベストなレッスン方法がオンライン英会話ではなく「英会話教室」の可能性もあります。ビデオ越しだとどうしてもレッスンに集中できないものの、対面だったら集中力が飛躍的に上がる子もいるでしょう。

 

逆に、英会話教室だったら回りの子供の目を気にして思いっきり話せなかったけど、オンライン英会話だったら1対1のレッスンだから思いっきり話せるようになった!という子供実際にいます。

 

(子供ではありませんが)私もどっちかというと大人数でのレッスンより1対1のレッスン派です。大人数だと他人が話している間に集中力が切れてしまい、なんだか充実感を感じられなかったことも多かったですので。

 

 

こんな感じで大人にもレッスンの向き不向きがあるように、子供にもレッスンの向き不向きはありますので、ぜひあなたの子供なりのベストなレッスン方法を見出し、充実した英会話ライフを子供に送らせてあげてくださいね。

 

また、もしいま「どの子供専門のオンライン英会話を受けよう?」と迷っているならば一度、リップルキッズパークを受けてみてはいかがでしょうか。無料体験レッスンもついていますのでサービス内容を確認してから有料登録への切り替えが可能です。

 

安心のサポート体制、選ばれる理由!子供英会話リップルキッズパーク

 

幼い子供をお持ちのお父さんお母さんの参考になれば幸いです。(*_ _)ペコリ

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ