発展途上国でのボランティアに向けてオンライン英会話で特訓!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

英語圏の途上国でボランティアの経験があり、ボランティア前はそれに向けての英会話の練習のため、そして帰国後も継続して英会話のスキルを磨きたいと思い、オンライン英会話レッスンを約1年間受けていました。

 

 

はじめはレアジョブで毎日25分の日常英会話コースを受けていました。明るい雰囲気のフィリピン人の先生方が多く安心して受講できました。教材も様々な場面に対応して取り揃えられており、新しいフレーズを知ることもでき、なかなか良かったと思います。

 

 

ただ、先生によってはあまり注意をされない方や授業に関係ないようなタイピングの音がする先生にも時々おり、レベルはまちまちだなと感じました。

 

またボランティア期間中も継続して受講していたのですが、時差の関係で良いタイミングでレッスンを予約することが難しく、またネット環境が少し悪い国だったので通信が安定せず、毎日の受講が厳しくなってしまいました。

 

 

 

レアジョブには月8回コースがあったので、そちらに切り替えて受講を続けました。 その後帰国の前後でしたが、レアジョブ以外にもいろいろなオンライン英会話サービスがあることを知り、なかでも24時間予約OKで1レッスンあたりの料金がレアジョブに比較しかなり安いDMM英会話を知りました。

 

無料体験レッスンを通して、サービス内容としては大差ないことは分かりましたが、1レッスンあたりの価格と24時間予約OKに惹かれ、DMMメインで英会話のレッスンを続け、レアジョブを休会することにしました。

 

 

現在DMMで1日25分のレッスンを受けていますが、DMMのメリットとして価格設定と予約のしやすさの他、同時に連携している英語学習サイトのiknowで語彙力アップの学習ができることだと感じています。

 

 

あえて難点といえば、DMMでは毎日○分のコースしかないので、毎日受ける自信がない人にとっては少しだけ不便かもしれません。

 

また個人的な印象ですが、教材はレアジョブのほうが構成が分かりやすく、講師もフィリピン人の先生のみですが気さくで丁寧な感じの先生が多い感じがしています。

 

 

DMM英会話ではフィリピン人の先生はもちろん、ネイティブや東欧、アフリカ圏といった様々な国の先生がいます。授業の雰囲気や会話へのスタンスがそれぞれ違うなと感じることも多く面白いですが、レアジョブとDMMを通して総じて言えるのはフィリピン人の先生のほうが比較的親切に教えてくれる比率が高いと感じます。

 

 

どちらにせよ、オンライン英会話の1レッスン25分の活用の仕方は、自分自身の意志や目的によって変わるので、まずは色々なオンライン英会話サービスの体験レッスンを試してみるのも手だと思います。

 

 

 

発展途上国でのボランティアに英会話スキルは必要か?

 

今回は発展途上国でのボランティアのために 英会話を学んだ方の体験談をご紹介しましたが、果たして発展途上国でのボランティアに英語を話せることは大切なのでしょうか。

 

まずご紹介したい記事がこちら。

 

海外ボランティアをするにはどのくらいの英語スキルが必要か?

 

 

 内容をかいつまで紹介すると「発展途上国でのボランティアの場合、現地の人は英語が話せないことも多いので、英会話スキルよりも、うまく初対面の人と仲良くなれるコミュニケーション能力のほうが大切だけど、他のボランティアの人が日本人ではなく外国人の場合、コミュニケーションはほとんど英語なので英会話スキルが大切になる」ということが書かれています。

 

 

そして次にご紹介したい記事がこちら。

 

海外ボランティア・インターンシップで求められる英語力とは?

 

 

こちらのサイトでは「一部の英会話力が求められるプロジェクトでは大切だが、英会話力を必要としないプロジェクト、ボランティアも多数存在する」というように書かれています。

 

 

要するに参加するボランティアの種類、現地にいってどのような仕事を、どのような人(現地の人、海外ボランティア、日本からのボランティア)と関わりあって進めていくのかによって必要とされる英会話力は変わってきます。

 

 

高い英会話力が必要とされるボランティアの仕事内容では、参加条件に英語での面接を行っているところもあるようですので、場合によってはしっかりと英会話を学んでおいたほうがいいでしょう。

 

ただ、参加するボランティアの種類によってはほとんど英会話力も必要ないのではないかと思いますので、まずは自分がどのようなボランティアに参加したいのか、明確にしてから英会話を学ぶかどうか決めて頂ければと思います。

 

 

ただ、これは完全に個人的な意見ですが、確実に英語を使う機会はあると思います。(多い少ないはわかりませんが) また、今後参加できるボランティアの種類を増やすめにも、長期的には英語を話せるようになれば、そこには計り知れないメリットがあるはずです。

 

 

おススメのオンライン英会話は?

 

そして英会話学習を行うならやはりオンライン英会話は非常に効果的なツールになるのではと思います。

 

今回の体験談の方はレアジョブやDMM英会話といったオンライン英会話を利用したようですが、すでに英会話経験があるような方にとってはこういったオンライン英会話もおススメでしょう。

 

 

しかしオンライン英会話は決して上記の2つだけではなく、人によっては上記のようなスクールもおすすめできない可能性があります。

 

【3分でわかる!】あなたにおススメのオンライン英会話選び!

 

 

上記のページにてあなたのタイプ別におススメのオンライン英会話をご紹介していますので、よければ参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ