DMEメソッドかカランメソッド…どっちがおススメ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

一部のオンライン英会話で受講可能のカランメソッドは「英語脳」を鍛え、英語でスラスラと返答できるようにするためのレッスンですが、オンライン英会話のイングリッシュベルではカランメソッドの改訂版ともいうべきDMEメソッドが受講できます。

 

このカランメソッドDMEメソッドは本質的には似ているレッスンになりますが、違う点もあるため、おススメできる方も変わって来ます。ではどのような方にこれらのレッスンはおススメなのでしょうか。

 

 

 

カランメソッドとDMEメソッドの違いは?

 

カランメソッドのレッスンは基本的に「講師が生徒に質問し、生徒が質問に答える」という作業をひたすら繰り返すわけですが、カランメソッドにはいくつかデメリットも存在し、それは…

 

  • 途中から急にレベルが上がる
  • 古い表現の英語が使われている
  • 講師⇒生徒という一方通行でレッスンが行われるので会話を楽しむというより「トレーニング」という感覚になる

 

といったものですが、DMEメソッドの場合「カランメソッドよりゆっくりとレベルが上がる」「古い表現を新しい表現に刷新」「講師⇒生徒だけでなく、生徒にも質問する時間が与えられている」などの部分が変更・改善されています。

 

 

 

DMEメソッドとカランメソッドどっちを選ぶ?

 

やはり、一番気になるのはカランメソッドの途中からレベルが上がるという部分かと思います。確かにカランメソッドの場合、最初の方はかなりシンプルなものの、途中からやたら長い文章が出てきて急に難しくなり、挫折してしまったという話も聞きます。

 

このため、カランメソッドを受講される方は基本的に英会話経験があり、25分間のフリートークもこなせる英会話中級者の方で「会話は問題ないけど、どうしても口から英語がスラスラ出てこない!」と悩んでいる方におススメでしょうか。

 

 

逆にDMEメソッドはカランメソッドよりもゆっくりとレベルが上がっていくため、まだ英会話に慣れていない英会話初心者におススメですね。特に、このようなレッスン方法は、英会話になれていないから普段のレッスンでもなかなか積極的に発言できず、そのために英会話の上達が感じられていない方にはぜひ一度、トライしていただきたいメソッドですね。

 

 

カランメソッド(&カランメソッドが元となっているDMEメソッド)は、普通のレッスンよりも大量のアウトプット(&インプット)を行える性質のレッスンなので4倍早く英会話が習得できるとされているわけですが、普段のレッスンで思うように英語を話せていない人がうまくツボにはまればかなりの速度で英会話の上達も可能だと思いますので。

 

 

ちなみにカランメソッドを受講するならQQイングリッシュが、DMEメソッドならイングリッシュベルがそれぞれおススメです。両スクールとも無料体験レッスンが受講できますので、気になる方はどちらか一方を、選び悩んでんいる方は両方受けてみて比較してから決定していただければと思います。

 

QQイングリッシュの体験レッスンレビュー!

イングリッシュベルの体験レッスンレビュー!

 

 

 カランメソッドかDMEメソッドか…。オンライン英会話選びの参考になれば幸いです(*_ _)ペコリ

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ