DMM英会話でビジネス英会話があまりおススメで無いと感じた理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

さて、今回はDMM英会話のビジネス教材を利用してレッスンを行ったのでそのレッスン内容について書いていきたいと思います。

 

 

DMM英会話で「電話対応」「ミーティング」「交渉」など、幅広いビジネス英会話を楽しむことが出来ますが、やはりどうしてもBizmatesのようなビジネス専門の英会話スクールに比べると「広く、浅く」という印象がぬぐえませんが、DMM英会話の「料金」を考えるとどうしても仕方が無いといえますね。

 

ちなみに、今回わたしが使用してみたレッスンは「Nagotiating with a client company」です。「英語でクライアントとどうやって交渉するのか」学べるテキストです。

 

交渉なんて日本語でも慣れていないのにできるかな…と思いつつもレッスンを予約し、早速チャレンジしてみることに。

 

テキストの流れを簡単に説明しますと、「交渉のときに使いがちな英単語」を一通り確認後、「実際に二人の人物が交渉している会話文を講師と二人で読む」。その後、講師と「交渉のロールプレイ」を行い、最後に「あなたはどのようなことについて交渉しますか?」「ビジネスでの交渉は難しいと思いますか?」といった質問&ディスカッションを行ってレッスン終了です。

 

いつものごとく講師との最初の挨拶がやや長引いてしまい、テキストの途中(ロールプレイ)までしか進めませんでしたが、やはり交渉なんて普段、日本語でもあまりやらないようなことを英語でやるのは結構難しいと感じました。

 

ロールプレイなんかでも「5%の割引じゃちょっと物足りないんですが…?」という相手の提案に「じゃあ10%は!?」なんていう、そもそも「交渉になっていない」ような回答をしてしまったり…。

 

まあ、ここらへんに関しては慣れるまで繰り返すしかなさそうですね。

 

 

DMM英会話でのビジネス英会話レッスンはおススメできない??

 

ただ、今回DMM英会話でレッスンを行ってみて感じたことの一つとしてやはり「ビジネス英会話を行う場合、しっかりと講師を選ぶ必要がある」ということです。

 

具体的に今回のレッスンでそう感じたのが、テキスト冒頭での「交渉時に使う単語」を講師と二人でチェックしているとき。

 

出題されている単語が本当に交渉の現場で使われていたりするの?と疑問に思ったので、このことを講師に尋ねてみると「ちょっと交渉したことが無いのでなんとも言えない…」というような答えが返ってきました。

 

なぜこのようなことを疑問に思ったのかと言うと以前、ビジネス関連の雑誌を読んでいるときに、「実際にビジネスの現場で使われる英語というのは非常にシンプル。難しい単語を使ったりなんかして、交渉相手に誤解を与えてしまうようなことが一番いけないこと。なので相手も無駄に難解な英語を話したりはしない」というようなことが書かれているコラムを読んだことがあったからです。

 

そのコラムを書かれている方は、アメリカの最前線でビジネスを展開している方なのですが(名前は忘れましたw)確かに、相手からしても交渉において「誤解」されることが最も怖いはず…。

 

しかも交渉相手は英語が苦手とされる日本人。少しでも配慮のある相手なら、そこらへんを考慮して、「できる限りシンプルな英語を話す」ということも十分にうなづける。

 

なので、本当にテキストで使用されているような単語が実際に使われているのかどうか確認したかったのですが…、確かにその時に予約を取ったのは会社で働いたこともないような学生さんでしたので、「知らなくても無理ないよなぁ…」と。予約を取るときにしっかりと講師の経歴について確認しておくべきでしたね。

 

もちろん、相手が実際にグローバル企業で働いていて、「こういった単語は実際に使われるよ!」と言っていたとしても、ただ単にその会社でだけ使われているのかもしれませんし、ここは疑い出せばきりが無いですが、せめて「うーん。あんまり使わないかな…」とか「あー。よく使うよね」ぐらいの意見は聞きたいところです。

 

ただDMM英会話の場合、ビジネスの現場で英語を使っていたという講師はそんなに多くない印象がありますので、やはりビジネス英語を学ぶのにベストなスクールではないのかもしれませんね。

 

ビジネス英語を学ぶためのおススメのオンライン英会話スクールはこちら

 

とはいうものの。DMM英会話の料金プランはやはり魅力的wなので、もしもDMM英会話でビジネス英語を学ぶ場合はしっかりと講師の「経歴」を確認してから予約をとる。そして出てきた単語やフレーズを100%信用してしまうのではなく、良い意味で「話半分」に聞いておくことも必要なのではないかと思います。

 

 今回は以上です。失礼します(*_ _)ペコリ

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ