【体験済み】おススメの格安オンライン英会話ランキング& 注意点!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  • NativeCamp

    NativeCamp

     

    現在、月額4,950円でマンツーマン、24時間、365日好きな時間にレッスンが受けられ、さらにこの値段で1日に何度でもレッスンが受講可能という破格な条件のNativeCampは「格安なオンライン英会話」としては文句なく1位といえるでしょう。最近ではカランメソッドのコースを加えたり、レッスンプランも発足当初よりかなり充実してきましたので、より一層使い勝手のいいオンライン英会話になってきています。格安なオンライン英会話を探しているなら、先ず知っておいてほしいオンライン英会話といえますね。

     

  • DMM英会話

    DMM英会話

     

    格安オンライン英会話ランキングの1位はDMM英会話になりますが、その理由は「月5,500円で毎日レッスン可能」「世界60カ国の講師とレッスンできる」「24時間OPEN」と、格安オンライン英会話の中でも特に料金が安いのにサービスの質は非常に高いというのがその理由になります。また、予約画面が使いやすく質の高い講師を選びやすいのも非常にポイントが高いです。

     

  • レアジョブ

    レアジョブ

     

    オンライン英会話最大手の一つがレアジョブ。講師に日本の東大に当たるフィリピン大学の生徒が多いのが特徴で、それぞれの学科(専攻)別に講師を検索することが可能なので、自分の専門分野に関してフリートークを行うのにおススメ。講師の人数が非常に多く、レッスン予約が5分前から可能など、よりマイペースに予約を取りやすい格安オンライン英会話としても利用価値が高いです。

     

  • ラングリッチ

    ラングリッチ

     

    ラングリッチは最近、hitmediaEnglishCentralといった他企業と提携して教材の開発を行うなど、格安オンライン英会話の中でも特に教材に力を入れているのが特徴です。このためラングリッチは他のオンライン英会話のシンプルな教材と違い、非常にカラフルでイラストが入っていて分かりやすかったり、また自習&レッスンで動画を使えたりします。中でも「発音教材(スピークリッチ)」は発音を矯正するのにおススメの教材といえます。

     

  • 産経オンライン英会話

    産経オンライン英会話

     

    産経オンライン英会話は「職業別英会話」(接客業向け)教材や「学校教科書準拠」(中学生におススメ)教材など、産経オンライン英会話独自の教材を利用できるのが特徴です。これからオリンピックが開催され外国人観光客の増加が予想されるので、接客業に関する英会話を学びたい方にとっては非常におススメできるオンライン英会話になります。

     

 

 

 

格安オンライン英会話のメリットは?

 

さて、格安オンライン英会話をランキング形式でご紹介させていただきましたが、格安オンライン英会話にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

格安オンライン英会話最大のメリットはその名の通り「格安」という点です。Skypeを通して外国の講師を日本にわざわざ呼ばずに自宅からレッスンが受けられるので、対面でレッスンを受ける英会話教室よりも何倍もお得な値段でレッスンが受けられます。

 

  • NativeCamp:4950円で1月レッスン受け放題
  • G○BA:5000円~7000円/ 1レッスン

 

また、格安オンライン英会話よりもかなり値段の高いオンライン英会話も存在します。

 

  • NativeCamp:4950円で1月レッスン受け放題
  • mytutor:月8回(1回25分)で5,980円

 

このようにレッスン単価が低いため、費用をできるだけ抑えつつ多くのレッスンを受けられるのが格安オンライン英会話の最大のメリットといえるでしょう。

 

 

格安オンライン英会話のデメリットは?

 

では逆に格安オンライン英会話のデメリットはというと、オンライン英会話のサービス内容の質が値段が高いオンライン英会話よりも劣るということです。

 

例えば値段が高く、オンライン英会話サービスとしての質が高いスクールはというと…

 

  • ネイティブ講師(アメリカやイギリス、オーストラリアなど)のレッスンを受けられる
  • TOEICやTOEFLなどの資格対策コースやカランメソッドなどの特殊なコースが受講可能
  • 「英語教師の資格取得者」や「米国や英国での仕事経験者(フィリピン人講師の場合)」など、レベルの高い講師の授業が受けられる
  • ネット環境の整ったオフィスからのレッスンでSkypeの回線がより安定

 

 

 といったメリットがあります。逆に格安オンライン英会話の場合…

 

  • 在籍しているのはほぼフィリピン人講師※
  • 講師の中には「アルバイト感覚」で働いている講師も
  •  (コースの種類は多いかもしれないが)格安オンライン英会話で受けられるレッスンはどこも似たり寄ったり
  • 講師の中には自宅からレッスンを提供し、ネット環境が整っていないためSkypeでの会話が難しかったり

※決して”フィリピン人講師が悪い”といっているわけではありません⇒フィリピン人ってネイティブスピーカーなの?

 

 

と、値段の高いオンライン英会話に比べて値段の安い、格安オンライン英会話はサービス内容でどうしても劣ってしまいます。

 

この中でも「講師の中にはアルバイト感覚で働いている講師もいる」というデメリットについてはオンライン英会話講師の選び方に気を付ければいいですし、「Skypeの通信環境が悪い」についても講師次第ですので、ネット環境のいい講師を探せばOK。つまり努力次第でなんとかなるデメリットです。

 

 

しかし、もしあなたの目的が「TOEFLのスピーキング対策」だった場合、やはり「TOEFLのスピーキング対策コース」を準備しているオンライン英会話の方を選ぶべきでしょう。そのほうがより短時間で、効果的に対策を行えるはずですので。

 

このように、あなたにオンライン英会話を利用する何かしらの目的があるにも関わらず、格安オンライン英会話ではあなたの目的を達成するためのレッスンがうけられないという場合、格安以外のオンライン英会話を利用するべきかもしれません。

 

ちなみに”目的別”にオンライン英会話を選びたいという方は下のページを参考にして頂ければと思います。

 

【3分でわかる!】あなたにおススメのオンライン英会話選び!

 

 

 

実際に格安オンライン英会話を試してみて効果あったの?

 

 私がこれまで体験してみた(当サイトで”格安”と定義している)格安オンライン英会話は…

 

  • DMM英会話
  • レアジョブ
  • NativeCamp
  • ラングリッチ
  • 産経オンライン英会話
  • hanaso

 

 などです。受けていたレッスン内容に関してはこちらのページでご確認いただけます⇒合計98回!各オンライン英会話の体験談一覧!

 

まとまった期間レッスンを受けていたのはDMM英会話やレアジョブ、産経オンライン英会話といったあたりでしょうか。こういったオンライン英会話で様々なレッスンを受けてみましたが、効果はもちろんありました。

 

 

先ず前提条件として、私はもともとオーストラリアに1年間ほど留学しており、ある程度英会話はできていましたが、それでもまだまだ流暢とはいえない状態でした。

 

そしてもちろん、今もネイティブなんてレベルにはほど遠く、特定のジャンル(政治や化学なんかは特に)を話しているときは言葉に詰まったり、流暢に話せないことなんてしょっちゅうです。しかし、それでもオンライン英会話を利用したことにより言葉に躓く階数が圧倒的に減ったと感じています。

 

 

格安オンライン英会話を利用して効果があった理由についてですが、格安オンライン英会話の最大の利点は何度も伝えている通り、レッスン単価が安いため、費用を抑えつつより多くのレッスンが受講できることにあります。しかも、レッスンはマンツーマンなので、自分が話す時間が圧倒的に長いです。

 

私が通っていた語学学校しかり、日本の英会話教室に通っている人も多くいますが、レッスン費用を抑えるためにグループレッスンを受講している人も多いのではないでしょうか。(英会話教室でマンツーマンレッスンを受けようと思うと、費用もそれだけ高くなります)

 

 

そしてグループレッスンでは思った以上に自分が話している時間が少ないことが多いです。誰かが代わりに話している時間、誰かが先生に質問してレッスンが止まっている時間、同じ日本人の生徒と日本語で話してしまう時間(これは本当によくありませんが…)など、実際に自分が英語を話している時間を考えてみると予想以上に少なかったりします。

 

しかし、オンライン英会話のレッスンの場合、(ほとんどが)マンツーマンレッスンです。なので、先生が話している時間以外はすべて自分が英語を話している時間になります。

 

そしてオンライン英会話の中でもレッスン単価の安い格安オンライン英会話では、あなたがもし「英会話にあまり費用をかけることができない…」としても、(語学学校や英会話教室に比べて)低予算で大量のレッスンが受講可能です。このため、語学学校や英会話教室のグループレッスンとは圧倒的にアウトプットの量が違ってきます

 

 

日本人が英語を話すのに最も足りないといわれているのは英語を実際に話す訓練、つまりアウトプットの時間です。私たちは義務教育の中で、英語を “学ぶ” ものの “話す” ことはほぼありませんからね。(一部、英会話教育に熱心な学校以外は…)

 

こういった私達、日本人が育ってきた環境を考えると格安オンライン英会話を利用することが効果がないわけがないといえます。しかし、確かに格安オンライン英会話を使って効果を上げるためにはいくつか注意点があるのも事実です。

 

ではその注意点とはいったい何なのでしょうか。

 

1.英会話を行うための基礎レベルを身に着けてからレッスンを受ける

 英会話を行うための基礎レベルを身に着けてからレッスンを行う

 

あなたは英語で会話を行うのに必要な単語数についてご存知でしょうか?基本的に英会話を行うには1500~2000語のボキャブラリーが必要とされています。

 

ちなみに、私たちは中学校や高校で義務教育として英語を学んでいますが、そこでどれぐらいの語彙を学んでいるのでしょうか。実は中学校や高校での到達目標数は…

 

  • 中学校:1500語
  • 高校:3000語

 

といわれています。つまり、中学や高校の英語のテストで「いつも高得点をとっていた!」という人はすでに英会話に必要なボキャブラリーを身に着けている可能性が非常に高いです。

 

ですが逆に「中学や高校で英語の授業が一番苦手だった…」とか「もう大昔で英単語なんて全部忘れてしまった…」なんて人は英会話を行うためのボキャブラリーが備わっていないかもしれません。

 

 このような人がどれだけ英会話に精を出そうが「そもそもアウトプットするものがない!」のですから、まずはインプットから始める、もしくは英会話をしながらもしっかりインプットを行うことが大切です。

 

 

 

また、ボキャブラリーだけでなく文法も英会話を行うのに大切と解説しているのが、『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』(以下、瞬間英作文)の作者、森沢 洋介さんです。

 

 

 

 瞬間英作文の中では「できればTOEIC600点以上、最低でも中学2年レベルの英文法を身に着けてから」英会話を開始することが推奨されています。(詳細はこちら⇒オンライン英会話でなかなか上達しない人とする人の違いは?

 

なので、もしこういった基本的なが身についていないにも関わらず、格安オンライン英会話を利用してスピーキング(アウトプット)を行っても思ったほどの効果は得られないかもしれませんので注意が必要です。

 

 

2.自分と相性のいい講師を見つける

自分と相性のいい講師を見つける

 

さて、それでは「自分には英会話を行うための基礎力がもう十分に備わっている!」と感じるのでオンライン英会話を始める決心をし、上でご紹介したようなランキングをもとに「これだ!」と思えるようなオンライン英会話を見つけたら、今度は一つのオンライン英会話に絞って定期的にレッスンを受けて頂ければと思いますが…。

 

ここで大切なのが自分と相性のいい講師を見つける作業です。格安オンライン英会話のデメリットでもお伝えした通り、格安オンライン英会話の中にはアルバイト感覚で働いている、レベルがあまり高くない講師もいます。

 

 

そういった講師はもちろん論外ですが、レベルが高い講師の中でも「なんだかこの人のレッスンを受けていてもあまり楽しくないな…」と感じることもあります。講師も人間ですので、当然あなたとの相性もあります。

 

英会話を上達させるには何よりも継続することが大切です。格安オンライン英会話のような大量のアウトプットを行える英会話サービスでもそれは変わりません。英語を上達させるにはどうしても一定の時間が必要ですからね。

 

 

そしてオンライン英会話を継続して続けるには「レッスンが楽しい!」と感じることが何よりも大切です。そしてレッスンを楽しむために最も大切となるのが講師との相性です。

 

なので、「この人とのレッスンってなんだか楽しい!」と感じる講師をぜひ複数見つけておきましょう。なぜ複数なのかというと、格安オンライン英会話の場合、講師の入れ替わりが激しいスクールが多く、気づけば「お気に入りの講師がいなくなっている!」ということもザラですので。

 

 

もちろん、そんな自分と相性がいいと感じる講師を複数みつけるためには、どうしても「いろんな講師のレッスンを自分で体験してみる」という作業が必要となります。その際に、もしかするとあまりレベルの高くない講師のレッスンを受けてしまい、「やっぱりオンライン英会話なんて…」と感じてしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、これは ”格安” で ”質の高いレッスン” を ”大量に行う” ための必要経費として割り切りましょう。自分と相性のいい講師を見つけられると本当に毎回のレッスンが楽しくなり、オンライン英会話を継続することがずっと楽になりますので。

 

 

 

3.英会話初心者にフリートークはおススメではない

 英会話初心者にフリートークはおススメじゃない

 

当然ながらオンライン英会話を利用しようとしている人のレベルは様々です。なのでそれぞれのレベルに合わせたレッスンを受講することが大切です。

 

こう書くとあまりに当たり前すぎて「お前は何をいっているんだ…」と思われそうですが、初心者にありがちなミスの一つが「いきなりフリートークからレッスンを始めてしまう」という点です。

 

とりあえずオンライン英会話を使って英会話レッスンを受けることを決心したものの、「どんなレッスンがいいのか分からないし…。とりあえずフリートークでも受けてみよう!」といった感じですね。ですが、そもそもフリートークは英会話の経験者でないと難しいです。

 

いきなり「25分、好きなことを話してください」と言われても、英会話に慣れていないのにそんなことできるか!と感じるはずです。恐らく、英語をろくに話すことすらできず、先生となんだか気まずい雰囲気になってしまい、オンライン英会話なんて使うんじゃなかった…なんて後悔をしてしまいかねません。

 

 

なので、英会話初心者の方は教材を使ってレッスンを受けてみてください。値段が高く、サービス全体の質が高いオンライン英会話しかり、ほぼすべての格安オンライン英会話で教材(オンライン上で公開されている”教科書”のようなもの)が用意されています。

 

そしてほぼすべてのオンライン英会話で「初心者向けの教材」というものが用意されているはずです。もしあなたが、すでに1.英会話を行うための基礎レベルを身に着けてからレッスンを受けるで説明したような英会話を行うための基礎力が身についているなら、そういった初心者向け教材を利用してレッスンを継続していれば、少しずつ英会話に自信がわいてくるはずです。

 

そうして少しずつ、レベルが上がるにつれて自分のレベルに合わせた適切な教材を用いてレッスンを行っていただければと思います。

 

 

格安オンライン英会話を使い倒して英会話を上達させよう!

 

ここまで格安オンライン英会話のメリットやデメリット、そして格安オンライン英会話で効果を上げるための注意点をご紹介しましたが、格安オンライン英会話を利用するうえで何かしら参考になれば幸いです。

 

ひと昔前までは英会話を学ぶとなると、「留学」か「英会話教室」に通うかぐらいしか選択肢がなかったものの、世界的にネット環境が整ってきたおかげで新たにオンライン英会話という選択肢があらわれたのですから、これをうまく利用しない手はありません。

 

 

その中でも費用を抑えつつ多くのレッスンが受講可能な格安オンライン英会話をうまく利用して、ぜひ英会話を上達して頂ければ幸いです。

 

格安オンライン英会話の中でも「どこを利用していいか分からない!」という方も多いとは思いますが、そんな方はぜひページ冒頭でもご紹介した格安オンライン英会話ランキングも参考にオンライン英会話を選んでいただければと思います。

 

以上。格安オンライン英会話ランキング+格安オンライン英会話を利用する上での注意点でした!

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ