【タイプ別!】ビジネス英語を学ぶのにオススメのオンライン英会話!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネス英語

 

一言で「ビジネス英語を学びたい!」といっても、どのような「目的」のためにビジネス英語を学びたいのか、というのは本当に人それぞれです。

 

「人事異動で英語を使う部署に配属されたから!」という方

「英語を使う仕事に就きたいから!」という方

「英語で”接客”しなきゃいけないから!」という方…

 

 

そして「目的」が変われば、その目的を達成するための「手段」も変わるように、「どんな目的でビジネス英語を学びたいのか」が変われば「オススメのオンライン英会話スクールも変わってくる」わけです。

 

 

そりゃそうですよね。「鉄棒で逆上がりができるようになりたい!」という少年には、実際に「逆上がりの練習」をさしてあげればいいのです。

 

逆上がりが出来るようにいきなり「筋肉トレーニング」をさせたり、「プロのトレーナーを雇ったり」するのは明らかに”やりすぎ”です。(これがもしも「プロの運動選手になりたい!」なら話は別かもしれませんが…)

 

このため、ビジネス英語をオンライン英会話スクールで学ぼうとされている方も、「どんな目的のためにビジネス英語を学ぼうとしているのか?ハッキリさせる」ことが重要となり、そこをハッキリさせずにオンライン英会話スクールを選んでしまった場合、”やりすぎ”な状況に陥ってしまうかもしれません。

 

 

ビジネス英語を学ぶ”目的”を具体的に言うと「英語で電話対応」をしなければいけないのか「英語でメールを打たなければいけない」のかそれとも「英語でミーティングに参加しないといけない」のか…

 

 

ただ、「そもそもそんなこと考えたこともなかった!」という方もいるのでは…?と思います。

 

 

なのでこのページでは「こんな目的だったらこんなスクールでこんな勉強方法がおすすめですよ~♪」ということをビジネス英語を学ぶ目的別に(おおまかに)「2つのタイプ」に分けてそれぞれどのようなスクールが、そしてどのような勉強方法がオススメなのか、紹介したいと思います。

 

 

タイプ1~決まったパターンさえ覚えておけば対処できる場合

 

正直、ビジネス英語を必要とされている多くの方がこちらのタイプではないかと思います。

 

例えば「英語での電話対応をしなければいけない部署に配属された」というような方。

 

 

このような場合「英語で電話対応」できればいいわけですから「英語での電話対応方法を学べる」オンライン英会話スクールを選べばいいのです。

 

「何をそんな当たり前のことを…」と思われるかもしれませんが、英語での電話対応で使用するフレーズというのはある程度決まっているのでそれさえ分かっていれば、確かに「付け焼刃」ではあるかもしれませんが最低限のやりとりは出来てしまいます。

 

他にも「英語でのメールのやり取り」や、「取引先との簡単な英会話」など、「パターンさえ分かっていればある程度対応できる」レベルのビジネス英会話がこの「タイプ1」に含まれます。

 

 

もちろん、あなたの英語レベルにもよりますが、多少英語をかじったことのある方なら、そのレベルに到達するまでにそんなに長い時間はかからないと思います。(まぁ、細かい発音の問題とかは別にして…)

 

 

そしてそんな方にオススメのスクールが【ELTO(エルト)】 です。

 

ELTOのホームページの「コース紹介」を確認していただいたら分かると思いますが、こちらのスクールでは「電話対応」や「対面対応」など、それぞれのシチュエーション別に一連の流れを確認することができます。

 

さらに他のスクールだと「文章」のみで、実際の「発音」「イントネーション」などが分からないのですが、こちらのELTOなら「動画」が用意されているのでこの動画を見ながら「Shadowing(聞いた英語のすぐ後から同じ事を話す)」を繰り返すだけでも、かなり効果的な学習方法になります。

 

 

動画に関してはELTO 以外ではあまり見当たりませんが、他のスクールでもこのように「あるシチュエーションに限定したテキスト」がを用意しているスクールは数多く存在しますので、ELTOで受けたいレッスンがなければ他のスクールも探してみてください。

 

(下記に似たようなビジネス英会話レッスンを受講できるスクールの

リンクを貼っておきましたのでよければ参考にしてみてください)

 

自分にとって必要な英会話パターンを集中的にレッスンすることで「最短で実戦に適応できるようになるわけです。

 

 

タイプ2~ミーティングやディスカッションを英語で行う必要がある

 

もう一つのタイプが「英語を使ってディスカッションやミーティングなどで自分の意見を言わないといけない」ような状況です。

 

こうなると話はやっかいで、自分の考えたことを(スラスラとまではいかないにしても)相手に伝えなければいけません。

 

そして「シチュエーションが限定されていない」ため、どんな話の内容になるかも想像できず、事前に「パターンを学ぶということもできない」わけです。

 

 

このため先程のような一連のパターンやフレーズを学んだところであまり効果的ではなく、ある意味「本当の英会話力が試される」わけです。

 

このような方の場合、長期的に英会話スキルを鍛えていく必要があり、それこそ半年~1年ぐらいの英会話学習が必要になってくると思います。

 

では、このような方にオススメのオンライン英会話スクールはどのようなところなのでしょうか?

 

 

もちろん、英会話に慣れていない方の場合、最初は先程と同じように様々なパターンやフレーズ単位でビジネス英会話を学んでいく必要もあるでしょうが、ある程度慣れてきたところで、こちらのようなスクールに移られることをオススメします

 

Bizmates(ビズメイツ)

 

この「Bizmtes」のテキストはもちろん「シチュエーション毎」、例えば「電話対応」「ミーティング」などのレッスンが用意されていますが、テキスト内容はより「自分で考えて、自分の意見を言う」ことに焦点が置かれています。

 

なので単純に「パターンさえ分かっていればある程度は…」という先程の「タイプ1」の場合と比べて、より”難しい”ため、”本質的な英会話力を鍛えることができる”わけです。

 

Bizmatesのレッスン内容を確認したい方はこちら

オンライン英会話のBizmatesに登録!そのレッスン内容とは!?

 

 

自分が必要な英語力を把握することで無駄な勉強を避けられる

 

なぜ今回、このような内容の記事を書いたのかというと最近、自分でもBizmatesのレッスンを体験してみたことが理由になります。(Bizmatesの体験レッスン記事一覧はこちら→Bizmates体験レッスンブログ

 

 

以前、複数のオンライン英会話スクールの「無料体験レッスン」を利用してビジネス英会話レッスンを受けてみたのですが、それらと比較して明らかにBizmatesの方が内容的により”複雑”だと感じました。(私の場合、一番最初のレベル別判定テストでLevel3に割り当てられたのでLevel 1や2に関しての難易度についてはよく分かりませんが…)

 

そして同時に「ビジネス英語を学びたい人”全員”にこのようなレッスンが果たして必要なのか?」と疑問に思いました。

 

 

正直、「ビジネス英語を学びたい!」という方の中には「本当は英語を勉強したくないけど、会社事情で仕方なく…」という方もいると思います。

 

このような方にとっては「できるだけ必要な英語にのみ学習対象を絞る」ことで、「無駄な英語の勉強を省く」ことが大切だと思います。(英語が嫌いな人にとって、英語の学習って本当にただの”苦痛”だとおもいますんで…)

 

 

もしくは「ビジネス英語を学びたいけど、正直そんなにお金をかけたくない…」という方もいるでしょう。

 

 

Bizmates の料金はELTO のそれに比べてかなり「高め」に設定されていますので、「できるだけお財布に負担をかけないで英会話レッスンをしたい!」という方にとって、このようなスクールはかなりの痛手になります。

 

しかし、自分に必要な英会話力をハッキリさせた結果、Bizmatesのような料金の高いスクールは必要ないと判断できるかもしれません。

 

 

もしこのような方達がBizmatesのようなスクールで学ばれていた場合、冒頭でも例に出した「逆上がりをしたい少年」の例を引き合いにだすと「やりすぎ」のように感じます。

 

ここで今回の話をまとめておくと…「ビジネス英会話を学びたい!」と言う方は先ず「自分が必要としているビジネス英語力は一体、どの程度のものなのか?」というゴールをハッキリとさせ、それからそのゴールを達成するための「手段」となるオンライン英会話スクール選びをしていただければと思います。

 

 

 今では様々なオンライン英会話スクールがビジネス英会話レッスンを提供していますが、この記事がそんな数多くのスクールの中から”あなたに合ったスクール選びの参考にして頂ければ幸いです(*_ _)ペコリ

 

ELTOで無料体験レッスンを受講してみる

【オンライン英会話ELTO(エルト)】

 

 Bizmatesで無料体験レッスンを受講してみる

Bizmates(ビズメイツ)

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ