初心者~上級者まで!イングリッシュベルのDMEメソッド!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

なんでもそうですが、「初めて経験」するときが一番緊張するもので、わたしも初めてオンライン英会話レッスンを予約したときなんてもう心臓がとにかく”ドキドキ”状態だったのを良く覚えています。

 

 

でも!わたしはまだ留学経験があり、英語で会話をした経験がそれなりにあったので、話しているうちに自然と緊張がほぐれていったのですが…これがもしも、英語で話した経験がほとんど無い状態だったら

 

もう心臓がドクドク”なんてものではなくバックバク状態だったと思います。

 

 

それではそんな英会話に慣れておらず、例え自分のことを「”超”のつくほど初心者です」と考えているような人にもおススメできるオンライン英会話というのは存在するのでしょうか。

 

このページで、そんな英会話超初心者の人におススメしたいのがイングリッシュベルというオンライン英会話のDMEメソッドというレッスンになります。

 

 

イングリッシュベル

 

1レッスンの時間 25分
1日で受けれるレッスン回数 最大20回
授業料/月

月額制

3.900円(5回/月)
6.400円(10回/月)
9.800円(20回/月)
15.400円(40回/月:Am8:00~PM6:00)
17.900円(40回/月:時間指定なし)

教材費 オリジナル教材は無料(DMEメソッド、カランメソッドに使用する教材は有料)
レッスンの受付時間 24時間オープン
レッスン形態 マンツーマン
無料の体験期間 25分×2回
講師の国籍 フィリピン人(一部、他国籍)
講師の人数 100人以上
日本人サポートの有無 メールのみ対応(現地スタッフが対応のため英語が必要)
予約可能時間 レッスン15分前
キャンセル可能時間 レッスン開始6時間前

 

DMEメソッドってどんなレッスン?

 

さて、ここでDMEメソッドという聞きなれないフレーズが出てきましたが、DMEメソッドは英語が4倍早く上達すると言われているカランメソッドをベースに作られている英会話レッスンになります。

 

 

英語が4倍早く上達するカランメソッドって一体何?

 

 

 上の動画はQQイングリッシュというオンライン英会話でカランメソッドが行われているレッスン風景ですが、ご覧の通り、講師が生徒に質問⇒生徒が質問に(フルセンテンスで)答える、という作業をくりかえすおこなうレッスンになります。

 

カランメソッドのレッスンは早いテンポで行われるため結果的に通常のレッスンの4倍多く英語を話すことになり、実際にカランメソッドを受講した生徒は4倍速く、英会話レベルが上達することが確認されています。

 

 

ロンドンのカランスクールでは生徒全員に、万が一、「ケンブリッジ英検プレリミナリー」の試験 に予想された時間数で合格できなかった場合、合格するまで無料レッスンを与えることが書かれた法的に有効な保証書を発行しています。メソッド以外の勉強方法を採用した生徒が350時間で合格するのに対し、このメソッドで学習した生徒は4分の1の時間にあたる約80時間で合格しています。

イギリス生まれの英会話メソッド(カランメソッド)より引用

 

 

カランメソッドの問題点…

 

しかしカランメソッドにはいくつかの問題点があるといわれています。それは…

 

 

●トレーニングのように感じて面白くない

 

⇒動画を見ていただいたら分かるとおり、レッスン内では「先生が質問」→「生徒が答える」という完全な一方通行によって進むため会話というよりも尋問に近いようなレッスンで楽しむのではなくトレーニングという感覚に近いかもしれません。

 

このため、単純作業の繰り返しで「面白くない…」と感じ、途中でやめてしまう人も多いです。

 

 

●途中からレベルが急に上がる

 

⇒カランメソッドは最初こそ簡単なものの、途中から急にレベルが上がるような構成になっています。(ステージ4や5で脱落する人が多いようですね) このため最初はついていけたものの、途中でギブアップしてしまう人も多いです。

 

こういった問題点が以前から指摘されていました。ではDMEメソッドはどのようなレッスン内容になるのでしょうか。

 

 

カランメソッドの問題点が改善されたDMEメソッド

 

しかし、DMEメソッドは現代版のカランメソッドとも呼ばれていて、2007年の誕生から3~4年毎に内容が改善され、カランメソッドのデメリットがうまく解消されています。

 

 

●コミュニケーションエクササイズの追加

 

⇒生徒側からも「質問」できるようなコミュニケーションエクササイズを追加しより実際の会話に近い実践的な内容がレッスンにもりこまれています。

 

これにより、生徒と講師、両方からのコミュニケーションが発生するため、カランメソッドより「やらされている感」が緩和されています。

 

 

●レベルアップのスピードを調節

 

⇒途中でギブアップする人がでないよう、カランメソッドよりもゆるやかなスピードでレベルが上がるように難易度が調節されているため、英会話初心者の人にもおススメです。

 

 

つまり極端にスピーキングのみに特化していたカランメソッドを、続けやすく、現代の英語事情に合うよう改善されたのがDMEメソッドで、英会話に慣れていない人がこれから真剣に英会話を学び、英会話を早く、スムーズに上達させるためにピッタリなオンライン英会話といえます。

 

 

 

英会話初心者から”すばやく”脱出することが大切な理由?

DMEメソッドが英会話初心者におススメの理由

 

 DMEメソッドはカランメソッドより初心者でも続けいやすいように調整されたメソッドともいえますが、DMEメソッドが英会話初心者におススメの最大の理由が、英会話初心者から”すばやく”脱出できるからです。

 

 

ちなみにDMEメソッドは初心者だけでなく上級者にもおススメできるレッスンです。実際、私もDMEメソッドのコースの一つであるDME Get down to businessという上級者向けコースを1ヶ月ほど受講しましたが、レッスン受講期間にスピーキング力の上達効果を実感しました。

 

 

DME Get down to businessを1ヶ月間受けてみた感想

 

 

 

 

スポーツ、仕事、人間関係、英語学習…なんでもそうだと思いますが、共通するのは「初めのころはうまくいかないから面白くない」ということです。

 

別の言い方をすると「見習い期間」ともいえるかもしれませんね。人によっては「最初から英会話を勉強するのは楽しかったけど?」とおもう人もいるかもしれませんが、例えそうだったとしても「話せるようになってからの方がもっとも面白い」はずです。

 

スポーツ以外の仕事や人間関係でもそう。うまくいきだしてからの方が絶対に面白いですからね。

 

というか逆に、なかなか英会話が話せるようにならず、悶々として「なんでこんなに英会話が上達しないんだ!」とフラストレーションをためてしまう人の方が多いのではないでしょうか。(あなたもそんなふうに感じたことはありませんか?)

 

 

つまり、英会話を学んでいる人の最初の脱落ポイントは初心者から脱出できないところにあります。

 

初心者から脱出し、英会話をある程度自由に話せるようになった人は英会話の面白さに気づき、「おもしろい!」と思えるからまたモチベーションが上がるという”いいスパイラル”が起こりやすいです、がそこまでたどり着けなければそんなスパイラルを感じることもできません。

 

つまり、英会話初心者の人が一番に考えるべきことは「どうやったら寄り道せずに英会話中級者にまでなれるのか」ということです。「分からない単語も多いものの、なんとか日常会話はこなせる」というレベルですね。

 

 

そこでDMEメソッドです。ここまでご紹介したとおり、DMEメソッドの特徴として…

 

  • カランメソッドをベースに作られたDMEメソッドなら(従来のレッスンの)4分の1のスピードで英会話を習得できる
  • コミュニケーションエクササイズの追加やレベルの調節で初心者でも脱落しにくい

 

という、英会話初心者ができるだけ素早くレベルを上げつつも”脱落しにくい”レッスン内容になっているため、英会話初心者がすばやく初心者を脱出するためにピッタリなレッスンといえるのです。

 

「とりあえず一度DMEメソッドを受けてみたい! 」方はこちら

イングリッシュベル

 

 

 

 イングリッシュベルが初心者でもおススメの理由って?

イングリッシュベル

 

そんな英会話初心者がすばやくレベルを上達させるのにおススメのDMEメソッドですが、DMEメソッドはいまのところイングリッシュベルでしか受講できません。

 

ただ、だからといって心配する必要もなく、イングリッシュベル自体が英会話初心者にとって非常に”安心してレッスンが受講できる”オンライン英会話になっています。

 

 

オンライン英会話で唯一のISO取得!講師のレベルが高い理由!?

 

まず、イングリッシュベルが英会話初心者におススメの理由として「講師のレベルが高い!」ということが挙げられます。

 

実際にイングリッシュベルのレッスンと格安オンライン英会話でのレッスンを受け、比べてみてもらえれば分かりやすいと思いますが、イングリッシュベルの先生のレベルは非常に高く、さらに各先生でのレベル差が(格安オンライン英会話に比べて)少ないです。

 

 

オンライン英会話において講師のレベルは重要ですが、特に英会話初心者の人は講師のレベルに注意すべきです。英会話”初心者”の段階はまさに基礎を固めている段階にあたりまう。

 

家を建てるときもそうですが、この基礎がしっかりしていなければ上にどれだけ豪華な家を建てようとも、見るも無残に倒れてしまいます。これと同じです。

 

というより、格安オンライン英会話のなかにはたまに「講師としてあまり適性を感じられない」ような人も混ざっています。「向こうから何も話してくれない」とか正直困りますよね。(もちろん、素晴らしい講師もいますよ)

 

そんな講師ともし当たってしまい、「オンライン英会話ってなんだかこわい…」なんて印象をうけて英会話学習を挫折してしまっては元も子もありません。

 

 

英会話初心者のころは特に、教師のレベルなんて余計なことは気にせずに英会話学習に没頭するためにも講師のレベルが高いオンライン英会話を選んでもらえればと思いますが、そもそもなぜイングリッシュベルの講師はレベルが高いのでしょうか。

 

 

これはISO9001規格を取得していることからもわかる、イングリッシュベルの教師の管理体制に理由があります。

 

africa-15428_640

 

ISO規格という言葉を聞きいたことのある人は多いと思いますが、どんな意味なのか理解している人は少ないのではと思います。

 

ここでISOについて簡単に説明しておくと、ISOとは「International Organization for Standardization」の略で日本語訳では国際標準化機構と呼ばれる組織名のことです。この組織からISOという規格を与えられると”世界的にも信頼性のある企業”という証明になります。

 

そしてイングリッシュベルはこのISOの中でもISO9001という「顧客に品質の良いものやサービスを提供するために素晴らしいシステムを管理している企業」に与えられる規格を取得しています。(ISOにはいくつか種類があり、ISO 14001、ISO 22000、ISO 27001などが存在します)

 

イングリッシュベルの先生管理システム

 

イングリッシュベルではまず、先生を採用するときは「親しみやすい人柄(適正)」はもちろん、加えて英語教師経験者(実績) に限定して採用されています。(この時点で学生アルバイトが多く働いている格安オンライン英会話とはおおきな違いです)

 

この段階ですでに、講師のレベルの高さは確保されたも同然ですが、さらに採用後もQC(クオリティーコントロール)部門によってレッスン内容の確認、レッスンのフィードバックをもとに研修プログラムが行われ、先生のレベルを継続して向上させるという徹底した管理がなされています。

 

 

その研修内容にはなんと日本の文化や習慣を学ぶことも含まれているほどです。

 

当然ですが、日本人を理解し、日本人に「心地いい」と感じれるようなレッスンを提供してもらうためには、その背景にある文化や習慣まで理解してもらう必要があります。そしてそんなところにまで手が届いているからこそ、イングリッシュベルの先生は「先生としてレベルが高い」と感じてしまうのかもしれません。

 

 

予約システムが英会話初心者におススメ!

 イングリッシュベルの予約システムは初心者におススメ

 

また、イングリッシュベルが初心者におススメの理由は講師だけではなく、予約システムも英会話初心者におススメの理由の一つです。

 

たとえば多くの格安オンライン英会話では、「月に〇〇円で毎日1回のレッスンが受講可能」というようなプランが組まれていますが、ほとんど予約したレッスンが終わらなければ次の予約が取れないというような予約システムになっています。

 

 

これはつまり同じ講師のレッスンがとりづらいという意味でもあります。今日受けて「この先生よかったな~」とおもい、明日予約しようと思っても「もう違う人に予約されてる!」ということになりやすいからです。

 

なぜこの予約システムがダメなのかというと、英会話初心者がオンライン英会話を利用するのであれば最初のうちは特に同じ講師とレッスンを行った方がいいからです。

 

 

ちょっと想像してもらいたいのですが、オンライン英会話とか関係なく、あなたが初対面の人と話をするとき。初めから心をフルオープンにして話が自然と盛りあがることがあるでしょうか?

 

もちろん、たまたま「フィーリングがマッチした!」ということもあるでしょうが、やっぱり初対面の人には「心をオープンにして話しにくい」と思います。誰しも大小ありますが、人見知りはするものです。

 

 

ですが、普通はなんどもあっているうちに仲良くなってくるものですよね。そうして徐々に心をオープンにでき、すると自然と話も盛り上がってもっと仲良くなっていきます。

 

これはオンライン英会話でも同じです。初めてあった先生にはどうしても心をオープンに話ができなかったものの、話しているうちに仲良くなってきて「〇〇先生(←あなたが選んだ先生)だからレッスンが楽しい!」となることがよくあります。

 

こうなったら英会話上達に大きな近道です。英会話を上達するには”継続”が大切なのはもはやだれでも知っていることです。ですが、知っていても「継続するのが難しい…」。それが英会話です。

 

 

オンライン英会話のレッスンを妥協してしまう理由なんていくらでもあります。「友達との予定が入ったから」「ちょっと仕事が忙しいから」「なんとなくやる気がでないから」などなど。

 

しかし、もし自分のお気に入りの先生がいたら「あの先生と会えるし…!ちょっと頑張るか!」という気持ちになれたりするものです。”先生”自体が英会話を継続するためのモチベーションになり得るのです。

 

 

正直いって英会話を継続することって本当に難しいですし、それが英会話初心者で、英会話の面白さがいまいちわからないときなら尚更です。だからこそ、(悪い言い方かもしれませんが)「使えるものはなんでも使う!」ぐらいの気持ちの方がいいです。

 

 

ちなみにこちらはBizmatesの動画コンテンツとして公開されているものの一つですが、こちらの動画では「レベルが上がるにつれて受講する講師の人数は増やすべき」ということが言われています。

 

わたしも基本的にはこのアイデアに賛成です。なので、1週間先の予約もとれるため同じ講師と定期的にレッスンしやすいイングリッシュベルは英会話初心者におススメといえるでしょう。

 

 

週末に「いっきに」はおススメできない?

 

ちなみにイングリッシュベルではチケットに余裕があるかぎり、1日で最大20回もレッスンが受講可能です。格安オンライン英会話では(料金プランにもよりますが)1日の受講可能回数が1回とかなので、ここもイングリッシュベルのメリットの一つです。

 

これにより、「平日はとりあえず忙しいし…。週末に一気にレッスンするか」と考える人もいそうですが、週末にまとめてのレッスンはあまりおススメではありません。

 

というのも「週末にまとめて英会話学習をする人は英会話が続きにくい」ということが分かったためです。

 

週末勉強する人は続かない-データから見えた外国語学習に成功する人の3つの特徴

 

 

上のページで詳しく書かれていますが、「週末にしか勉強しない人は脱落する確率が高く、少なくとも1週間に2,3回は学習中の言語に触れたほうがいい」とのことです。

 

たしかに、タメに貯めた「仕事」とか「家事」とか「宿題」とかって、心理的ハードルが高くなって余計にやりたくなくなりますもんね。

 

それが仕事とか絶対にやらなければいけないことなら、まだ無理やりにでもできるんですが、英会話という自分の意志力が求められることについてはまとめてやるより「コツコツ」続けたほうがいいのかもしれませんね。

 

 

ネット環境にもしっかり対応!

イングリッシュベルはネット環境もばっちり

 

ただ、どれだけ英会話初心者におススメのレッスンを利用し、素晴らしい講師にレッスンを継続して教えてもらえたとしても、もし(対面でのレッスンと比べて)Skype英会話最大のデメリットともいえるネット環境が悪い場合、全ての意味がなくなります。

 

「なにを言ってるのかよく聞こえない!」のであれば、初心者とか上級者とか関係なく理解不能になりますからね。ですが、この点でもイングリッシュベルはしっかり対応しています。

 

 

2社のインターネット回線プロバイダーと契約し、両社から光ファイバーの専用線を引いております。先生たちの使用するパソコンやヘッドセットはすべて最新スペックのものを用意し、万が一の停電などに対して、オフィスビルの大型無停電装置以外に、全ての先生のPCに個別に小型の無停電電源装置も備えてあります。

イングリッシュベルのホームページより

 

2社のインターネット回線プロバイダーと契約しているだけでなく、すべてのパソコンに小型の無停電電源装置なんて…まさに最強装備といえるでしょうw

 

 

 イングリッシュベルのデメリット&対策は?

 

それでは逆にイングリッシュベルのデメリットとはなんでしょうか?

 

それはページ冒頭で紹介しているイングリッシュベルの基本情報を見て頂いてもわかる通り、値段です。格安オンライン英会話と比べるとその値段は2~3倍ほど高い計算になります。

 

ここまで紹介してきたイングリッシュベルのサービス内容からもわかる通り、格安オンライン英会話より値段が高くなってしまうのはどうしても仕方がないことですし、値段が高いといっても留学費用や国内の語学学校に通うケースと比べると何十分の一という値段です。

 

 

これまでの先人(オンライン英会話が出現する前から英会話を学んできた人々)と比べたら英会話を学ぶ費用は(オンライン英会話のおかげで)確実にやすくなったのは事実なのですが、あなたの英会話予算に合わないのであれば仕方がないですよね。

 

ではそんな人はどうすればいいのでしょうか。ここまでご紹介してきた通り、英会話初心者のときというのは基礎固めの時期で、ある意味もっとも大切な時期でもありますので、やはりこの時期だけでもしっかりとしたオンライン英会話を選んでいただきたいです。

 

 

そこで、イングリッシュベルはとりあえずフリートークが(完璧でなくても、なんとか)続けられるレベルに到達するまでは続けられることをおススメします。

 

もちろん、予算的にも大丈夫でレッスン内容的にも気に入ったのであれば、ずっとイングリッシュベルを続けて頂ければと思いますが、フリートークがなんとかできるレベルであれば格安オンライン英会話にて、自力で英会話力を伸ばすことも可能ですからね。

 

 

なので、英会話初心者の「基礎固め」の段階はイングリッシュベルで「なかなか話せるようになってきた!」と自信がつくまで続け、それからはより料金の安いオンライン英会話に移行するなどして対策をとってもらえればと思います。

 

「どれぐらい続ければ基礎はOKなの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、こればっかりはもともとの英語習熟度やレッスンをどれぐらい定期的に受けられるかや、適性なんかもありますので一概には言えません。

 

「とりあえずいけるのでは?」と思ったら一度、格安オンライン英会話のフリートークを受けてみて、自分の実力を試してみる、という流れで判断して頂ければと思います。

 

 

 

イングリッシュベルのDMEメソッドがおススメな人は?

 

ここまで紹介した内容をまとめておきますと…

 

  • 初心者が最短距離で英会話を上達させるためのDMEメソッド
  • 初心者でも安心してレッスンを任せられるレベルの高い講師
  • 同じ講師にレッスンを受けやすい予約システム&抜群のネット環境

 

という特徴がイングリッシュベルにあるので、初心者が、安心して、英会話初心者から最短で脱出するためにおススメのオンライン英会話といえます。

 

 

英会話初心者がオンライン英会話(&レッスン)を選び間違えて心を折られると「もう英会話なんていいかな…」なんてことにもなってしまいかねません。

 

だからこそ!英会話に慣れていない人に気をつけて欲しいのが”初めに”どのオンライン英会話とレッスンを選択するかということです。

 

 

もしここまでの解説でイングリッシュベルに興味をもて、無料体験レッスンでの感触もそこまで悪くなかったのであれば、先ずは1ヶ月。

 

みっちりとイングリッシュベルでレッスンを受講してみて、「このまま続ければ英会話が上達する!」という実感があればそのあとも継続してレッスンを続けてみてはいかがでしょうか。

 

 

まずは無料体験レッスンでDMEメソッドを受講してみる!

無料体験レッスン実施中!オンライン英会話『イングリッシュベル』

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ