必見!留学で英語が喋れるようになる人、ならない人の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

私のプロフィールでも書きましたが留学に行く=英語が話せるようになる、は間違いです。

 

でも、不思議に思われませんか。留学にいって英語が話せるようになって帰ってきた人もいる。それなら、留学に行って英語が話せるようになる人とならない人の違いは?と。

 

 

私が、留学に行ったのに英語が全く話せるようにならなかった理由として真っ先に思い浮かぶのが「海外には行ったけどいつも日本人同士で遊んでいた」というものです。

 

大抵、どこの語学学校でもいると思いますが、日本人としか付き合わず英語をあまり使わずに留学期間を終える人がいます。(私が通っていた語学学校でもいました。)

 

最初は「やる気があんまりないのかな…?」とやる気の問題として考えていました。もちろんそれもあるとは思います、が「どうやら問題はそれだけじゃないようだ…」と最近、考えるようになりました。

 

キッカケはとある本を読んだからなのですが今回はその本を引き合いにどういうことなのか説明してみたいと思います。

 

 

英語を積極的に使っていこうとする人に見られるある共通点

 

当初をふりかえってみると日本人同士でしか関わり合いを持たず、英語を積極的に使っていこうとしない人とどんどん英語の環境に飛び込んでいって英語を積極的に使っていこうとしている人の違いの一つに、座学の時間の多さがあると思います。

 

英語をどんどん使っていこうと考えている人は皆、留学中であっても、一人での座学の時間を確保している人が多かったように感じるからです。

 

 

そして結論から言ってしまうと、そのような人達はしっかりと結果も出しています。

 

(当時はここまで考えられませんでしたが)その理由は恐らく、新たな英語の知識をインプットすることにより「インプットしたものをアウトプットをする場を求める結果」として英語の環境にも積極的に参加しようとするのではないか、と思います。

 

学んだことを「使ってみたい!」と思うのは当然の心理ですからね。そして、先ほど言っていた”ある本”を読んだことでこの考えはある意味で正しかったと考えるようになりました。

 

 

 

留学で英語が話せるようになる人とならない人の違い

 

その本がこちら

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』などで有名な著者が書かれた本ですが、こちらの本にこんなことが書かれてあります。

 

基礎なしで留学しても英語は上達しない

 

海外で英語が上達するのはネイティブ・スピーカーとのコミュニケーションの絶対量が増すからなのですが、そのためにはある程度の英語力が要求されます。ある程度の基礎力を持っていなければそもそもコミュニケーションが始まらないのです。

 

中略…

語学留学性の多くは学校外で現地の人との交友を広げていくような英語力を持っていないので、いきおい日本人同士で固まって行動するようになります。学校では同じようなレベルの学生とブロークンイングリッシュを話、放課後は日本人の仲間とつれ立ってショッピングと喫茶店でのおしゃべり。これでは英語が上達するはずがありません。

 

 

この一文を読んだとき、いままで解けなかった謎がすべて解けたような(笑)そんな感覚に陥りました。

 

 

「ある程度の基礎的な英語」。これを身に付けるのに必要なことって外人と英語で話すことでは無くて、一人で机に向かっての勉強です。なぜなら「ある程度の基礎的な英語」とは英語の基本構文や、文法、語彙といった知識のことを指しているからです。

 

ちなみに、こちらの本では留学に行くタイミングとしては、「少なくともTOEICで600点以上をとって、英語での最低限のコミュニケーションがとれる」という条件が挙げられていますが、私がオーストラリアで出来た友人の中にはTOEIC500点以下の人もいました。

 

 

なんでTOIEC?と、疑問に思われた方はこちら⇒TOEICスコアが測っている本当の英語の実力とは?

 

 

そして、その人が多く時間を割いていたのが『座学』です。

 

なのでこの人の場合、「留学に行くための基礎レベルは無かったけど、その基礎レベルを海外で身に付けて、それをそのまま実践レベルに持って行った」ケースなんだと思います。(その友人は最終的に1年間の留学を終えた後にTOEICをうけたら900点まで上がってたそうです…)

 

 

こういった理由で、先ほどの『日本人同士でつるむ人達』と『英語を積極的に使おうとする人』の差は『インプットをするための座学の時間を確保しているかどうか』という話があながち間違いでは無いと思います。

 

 

 

オンライン英会話でも基礎英語は必要不可欠?

 

「外国人と英語で話をする」というのはそれまで学んできたことをアウトプットするという意味です。そのアウトプットを行うためには先ず、インプットが必要不可欠。

 

「オンライン英会話をいくらやっても進歩している気がしない…」

 

という方は、案外、この『基礎英語のインプット』がおろそかになっているのでは?と思います。

 

この点に関してもう少し詳しく書きたいのですが、ちょっと長くなってしまいましたので一度、ページを区切りたいと思います。

 

続きのページはこちら⇒オンライン英会話で思うように英語が上達しない人とは?

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ